マルバアカザ(丸葉藜)

1年草
本州〜九州の海岸の砂地に生え、茎は直立し、多く分枝し高さ20〜80cmになる。葉柄は1.5〜2.5cm。葉は互生し、広卵形〜卵形、茎上部の葉は時に卵状披針形になり、長さ2〜4cm、幅1〜3cmでやや厚く、縁に半透明の膜質のふちどりがある。花序は細長く、花序の軸に管状の毛がある。花被片は花後に果実を包み、 五角形に見える。花期は5〜10月
学名は、Chenopodium acuminatum
アカザ科アカザ属



画像はありません。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑