クワイ(慈姑)

多年草
中国原産。塊茎を食用にするために水田や湿地を利用して栽培される抽水〜湿生植物。逸出してため池や河川、水路、水田などに生育する。オモダカに比べ大形で全高は1mに達する。葉身は全長30〜45cmになり、頂裂片は広卵形で幅7〜20cm。花はオモダカ同様に花茎下部に雌花、上部に雄花が咲く。ただし、系統によってはほとんど開花しない。塊茎は直径3〜5cm、品種によって球形〜やや細長い芋状をしており、1本の芽が伸びるように立つ。花期は7〜9月。(日本の水草)
[オモダカ]
北海道〜沖縄の湖沼やため池、水路、水田などに生育する抽水〜湿生植物。葉は根生、幼葉は線形。狭長楕円形の葉を経て矢尻形の葉身となる。葉柄は長さ15〜60cm、葉身の頂裂片は挟三角形〜卵形でアギナシより幅広い場合が多い。葉身の側裂片は頂裂片より長く、先は鋭く尖る。全長7〜30(〜40)cm。花茎は長さ20〜100cmであるが、葉の上部より高くなることはない。花の形態はアギナシと同じ(3輪生の総状花序の下方に雌花、上方に雄花をつける。花弁は3枚で白色。雌しべ、雄しべともに多数。)であるが、雄花と雌花の中間位置に両性花がつくこともある。果実は長さ3〜6mm、周囲に広い翼がある。球状に集合して、成熟すると次々と脱落する。秋には葉の基部から数本〜多数の走出枝を伸ばし、先端に塊茎を形成して越冬する。花期は7〜10月。(日本の水草)
学名は、Sagittaria trifolia 'Caerulea'
オモダカ科オモダカ属



2019年8月17日 八雲葉の裂片の先は鋭く尖る。葉柄。

クワイ

クワイ

クワイ

葉身は長さ約25cm、裂片の幅が広い。高さは約60cm。

クワイ

クワイ

クワイ

花の咲いた形跡は全くなかった。水田で稲の脇に栽培されているようだ。

クワイ

クワイ

クワイ




2011年11月12日 果実 鹿島栽培種のクワイではないかと思われる。

クワイ果実

クワイ葉

クワイ葉

高さが50cm以上ある。

クワイ

クワイ

クワイ根

根の先端の球茎。

クワイ球茎



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑