クソニンジン(糞人参)

一年草
中国から薬用として入り、野生化したものと考えられている。道端や市街の荒れ地などに生える。全体に臭気がある。茎は高さ1.5mに達し、多く枝を出し、毛はない。葉は3回羽状に細かく全裂し、終裂片は幅約0.3mm、表面に粉状の細毛がある。大型の円錐花序に多数の頭花をつける。頭花は球形で、径1.5mm内外、毛はない。果実は長さ0.7mm。別名ホソバニンジン。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
花は淡黄褐色の筒状花のみで、中央部に両性花、周辺部に雌花が咲く。(デジタル植物写真集)
学名は、Artemisia annua
キク科ヨモギ属



2018年10月28日 東出雲円錐花序に小さな頭花を多数つける。

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン花

頭花は長さ約2mm、幅約1.5mm。

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン花

子房の大きくなった両性花、長さ約1.5mm

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン花

雌性花。子房の大きくなった雌性花、長さ約1.5mm若い果実、長さ約0.7mm。

クソニンジン花

クソニンジン花

クソニンジン果実

葉は羽状複葉。

クソニンジン実

クソニンジン

クソニンジン

葉の最終裂片は幅約0.5mm。葉の表面に微細な毛がある。

クソニンジン

クソニンジン

クソニンジン

葉の裏面。

クソニンジン

クソニンジン

クソニンジン

大きなものは高さ約2.6m。

クソニンジン

クソニンジン

クソニンジン

クソニンジン






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑