クルマバナ(車花)

多年草。
北海道〜九州の草原などに生え、20〜80cmになる。茎にはまばらに下向きの毛が生える。葉は対生し長さ5〜15mmの葉柄があり、卵形または長卵形で長さ2〜4cm、基部は丸く、ふちには鋸歯がある。枝先の花穂に紅紫色の花を数段に輪生し、仮輪は互いに離れてつく。それぞれの花には線形の小包葉があり、萼より長く突き出し目立つ。花冠は長さ6〜10mm、上唇は小さく、下唇は大型で3裂する。雄しべは4個あり、うち2個が長い。花冠の外面に微毛があり、内面に赤い斑点がある。萼は紅紫色を帯び、開出毛がある。萼の上唇の歯は細長く尖る。花期は8〜9月。
学名は、Clinopodium chinense subsp. grandiflorum var. urticifolium
シソ科トウバナ属
似た花にヤマクルマバナがあり、花が白色で萼が通常紫色を帯びない。



2005年7月10日 八雲

クルマバナ

2004年7月11日 乃白

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

2004年7月11日 かんべの里

クルマバナ

クルマバナ

2007年8月10日 東忌部

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

2010年9月18日 八雲

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

脈上に毛がある。葉の縁に毛が多い。葉裏には腺点が散生する。

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

腺点と脈上の毛が散生する。茎には下向きの毛がある。

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ

クルマバナ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑