クリスマスローズ

常緑多年草
ヨーロッパ原産。掌状に深裂した葉を根生し,早春,15〜30cmにのびた花茎に径5〜6cmの花を1〜2輪つける。白または紫を帯びた5枚の花弁状の萼の中央に,多数のおしべとそのまわりに緑色を帯びた筒形の短い花弁がある。ただし,日本でこの名前で栽培されるのは,南欧・中央アジア原産の近似種レンテンローズ(H.orientalis)(春咲クリスマスローズ)の園芸品種であることが多い。本来のクリスマスローズより大型で,花数も多く,花の直下にある包葉も大きい。花色は黄緑,白,桃,濃紫,黒紫など変化に富んでいる。花期は12〜2月。(コトバンク)
学名は、Helleborus × hybridus
キンポウゲ科ヘレボルス属



2011年4月10日 植栽 玉湯

クリスマスローズ花

クリスマスローズ花

クリスマスローズ

クリスマスローズ




2018年5月16日 若い果実 植栽 玉湯

クリスマスローズ果実

クリスマスローズ果実

クリスマスローズ

結実していない果実。葉は掌状に深裂する。

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズ

2018年5月25日 果実 植栽 玉湯果実の先端が裂け種子がこぼれる。

クリスマスローズ果実

クリスマスローズ果実

クリスマスローズ種子

種子は長さ約4mm。

クリスマスローズ種子

クリスマスローズ

クリスマスローズ種子

クリスマスローズ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑