コノテガシワ(児手柏)

常緑小高木
中国原産。高さ5〜10m、直径10〜20cmになる。樹皮は赤褐色。老木では繊維状に縦に裂ける。葉は長さ約2mmの鱗片状。くすんだ緑色で光沢はなく、表裏の区別がない特徴がない。雌雄同株。花は雌雄とも枝先につく。果実は球果、長さ1〜2.5cmの長楕円形。はじめ緑白色で、10〜11月に完熟すると褐色になって裂開する。種子は長さ約7mm、長卵球形、翼はない。果鱗は木質で、2個ずつ種子がつく。花期 3〜4月(樹に咲く花)
学名は、Platycladus orientalis
ヒノキ科コノテガシワ属



園芸品種 エレガンティシマ(Elegantissima)
2011年4月10日 雌花 玉湯

コノテガシワ雌花

コノテガシワ雌花

コノテガシワ雌花

コノテガシワ雌花

コノテガシワ雌花

コノテガシワ雌花

枝の反対側。

コノテガシワ

コノテガシワ

コノテガシワ

コノテガシワ



2018年3月25日 雌花 玉湯6〜8個の種鱗が反り返っている。水滴のようなものは胚珠から出た受粉滴。

コノテガシワ

コノテガシワ

コノテガシワ

雌花は直径約5mm。

コノテガシワ

コノテガシワ

コノテガシワ

受粉滴を通して花粉が胚珠に届く。

コノテガシワ

コノテガシワ

コノテガシワ

受粉滴が消え胚珠の珠孔が見える。

コノテガシワ

コノテガシワ

コノテガシワ

2018年10月25日 果実 玉湯種子が見えている。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

果鱗が平開し種子が落ちる。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

2018年10月17日 果実 玉湯熟すと裂けてくる。種子が見えている。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

果実は長さ約1.7cm。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

果鱗を広げると種子がある。種子は長さ6〜7mm。

コノテガシワ果実

コノテガシワ種子

コノテガシワ種子

コノテガシワ種子

コノテガシワ

コノテガシワ

2018年10月4日 果実 玉湯熟すと灰青色から褐色になる。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

2018年6月13日 若い果実 玉湯角状の突起がある。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

果実は長さ約1.5cm、直径1.2cm。

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ果実

コノテガシワ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑