コバノガマズミ(小葉のがまずみ)

落葉低木
福島県〜九州に分布。各地の山野に生え、高さ2〜4m。枝は灰白褐色。葉は対生し、長さ9〜10cmの卵形〜楕円状披針形。先端は鋭くとがり、荒くて鋭い鋸歯。両面に星状毛、脈に沿って長い絹毛がある。葉柄の基部に線形の托葉。本年枝の先に散房花序をだして、白い花を多数開く。花冠の先端は5裂して広がる。雄しべが長く飛び出るが、近縁のオトコヨウゾメは雄しべは短い。核果はやや扁平な卵球形で、9〜10月に赤く熟す。花期は4〜5月。
冬芽は、卵形でやや開出し、対生する。芽鱗は2対で褐色、毛が多い。
学名は、Viburnum erosum
レンブクソウ科ガマズミ属



2004年4月24日 浜乃木

コバノガマズミ

2006年4月30日 玉湯

コバノガマズミ

コバノガマズミ

2004年5月5日 東出雲

コバノガマズミ

コバノガマズミ

2003年5月18日 八雲2006年5月28日 線形の托葉 浜乃木

コバノガマズミ

コバノガマズミ

2003年10月26日 大庭

コバノガマズミ

2005年12月30日 果実 浜乃木冬芽

コバノガマズミ

コバノガマズミ

コバノガマズミ

コバノガマズミ

2006年1月29日 冬芽 東忌部

コバノガマズミ

2006年4月30日 玉湯 脈上に長い絹毛。

コバノガマズミ

2003年5月18日 八雲

コバノガマズミ

コバノガマズミ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑