ケグワ(毛桑)

落葉高木
近畿地方西部・中国地方・隠岐・徳島県・壱岐・対馬に分布する。高さ4〜10m、ときに15mになる。若枝には軟毛が密生するが、じきに無毛になる。托葉は線状披針形で、長さ6〜12mm、軟毛がやや密に生える。葉柄は長さ2〜3cm、開出するビロード状の毛が密生する。葉身は卵円形、しばしば5片に深く裂け、先は短くとがり、基部は浅心形、長さ8〜15cm、幅7〜14cm、縁にやや先のとがる広三角形の低い鋸歯があり、表面は微小な毛状突起が多数あり、裏面は脈上に開出する毛がやや密に生える。新枝の下部の鱗片葉や葉の脇から1個ずつの短い円筒形の尾状花序を伸ばす。雌雄異株。雄花序の柄は長さ1cmほどで軟毛が生え、雄花序は長さ約2cm、幅約5mm、短い柄があるか無柄の雄花が多数つく。雄花の花被片は卵形で先がとがり、背面に軟毛がやや密に生える。雌花序の柄は長さ0.5〜1cm、雌花序は長さ1〜3cm、幅約5mm、多数の無柄の雌花がつく。雌花の花被片は円形で縁に軟毛がある。花柱は長さ約2mm、深く2裂し、長さ0.3〜0.5mmの柄がある。複合果は円柱形で、長さ1〜2cm、黒紫色に熟す。花期は5月。(日本の野生植物)
学名は、Morus cathayana
クワ科クワ属



2019年5月12日 雌花序 島根雌花序には多数の雌花がつく。

ケグワ雌花序

ケグワ雌花序

ケグワ雌花序

花柱は2裂する。花被片の縁に軟毛がある。

ケグワ雌花序

ケグワ雌花序

ケグワ雌花序

雌花序は長さ約2cm。1個の雌花、花被片は長さ約3mm。

ケグワ雌花序

ケグワ雌花

ケグワ

ケグワ

ケグワ

ケグワ




2019年7月2日 果実 島根

ケグワ果実

ケグワ果実

ケグワ果実

果序は長さ約2cm。多数の果実が無柄でつく。

ケグワ果実

ケグワ果実

ケグワ果実

1個の果実、花被に包まれている。一部花被片を除く、花被片に包まれた果実果実は長さ1.5〜1.9mm。

ケグワ果実

ケグワ果実

ケグワ果実

既に、ほとんど果実が落ちていた。

ケグワ果実

ケグワ果実

ケグワ

ケグワ

2018年8月18日 島根葉身は長さ約15cm、ほぼ円形。葉脈に短毛がある。

ケグワ葉

ケグワ葉

ケグワ葉

裏面の葉脈に縮れた毛が密生する。葉柄には毛が密生する。

ケグワ葉裏面

ケグワ葉裏面

ケグワ冬芽

ケグワ冬芽

ケグワ冬芽

ケグワ枝

ケグワ樹皮

ケグワ

ケグワ

2012年7月21日 島根鋸歯は円く、先端に微突起がある。

ケグワ

ケグワ

ケグワ

葉身は長さ約15cm、先は短く尖り基部は心形。

ケグワ

ケグワ

ケグワ

裏面葉脈に軟毛が密生する。葉柄に毛が多い。新枝には毛が多い。

ケグワ

ケグワ

ケグワ

ケグワ

ケグワ

ケグワ

ケグワ

ケグワ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑