カテンソウ(花点草)

多年草
本州〜九州の山野の林下に生え、ふつうは群生する。茎は高さ10〜30cm、多少の上向きの毛がある。葉は互生、葉身は扇状卵形で、長さも幅も1〜3cm、先は円く、縁に4〜8対の深い鈍歯牙があり、基部は切形である。葉柄は葉身より少し長いか同長。托葉は小型の卵形で長さ1〜2mm。花は上部の葉腋につき、雄花序は集散状で葉よりも長い柄があって目立つが、雌花序は頭状でほとんど無柄のため目立たない。雄花被片は5個、5雄しべがある。雌花被片は4個、披針形で、淡紅色、先端に1個の小剛毛があり、外側のものは背面に竜骨がある。そう果は広卵状レンズ形で細点があり、長さ1mm内外、花被片よりやや短い。花期は4〜5月。(日本の野生植物)
学名は、Nanocnide japonica
イラクサ科カテンソウ属
「広島の山野草」には”雌雄異株のものと同株のものがある”とある。



2013年4月29日 雌花 鹿島花序に短い柄がある。

カテンソウ雌花

カテンソウ雌花

カテンソウ花序柄

花序の柄。

カテンソウ雌花

カテンソウ花序柄

カテンソウ雌花

雌花の花被片には毛がある。花被片は4個で先端に毛がある。雌花は長さ約0.7mm。

カテンソウ雌花

カテンソウ雌花

カテンソウ雌花

4個の花被片の中に子房がある。葯が開いた雄花、花粉を飛ばしたあと。開花前の雄花、花糸が内側に曲がっている。

カテンソウ雄花

カテンソウ雄花

カテンソウ雄花

開いた雄しべ、直径約6mm。長い柄の先に雄花序、葉腋に雌花序がつく。

カテンソウ雄花

カテンソウ

カテンソウ葉

葉身は長さ約3.5cm。

カテンソウ葉

カテンソウ葉

カテンソウ葉裏面

カテンソウ

カテンソウ




2007年4月21日 雌花 八雲

カテンソウ雌花

カテンソウ雌花

カテンソウ花序

葉柄基部に小さな托葉がある。

カテンソウ葉

カテンソウ托葉

カテンソウ花序

さび菌。

カテンソウ

2005年4月16日 雄花 八雲雄花序は長い柄の先につく。

カテンソウ雄花

カテンソウ雄花

カテンソウ花序

カテンソウ

カテンソウ

2009年3月28日 雄花 玉湯

カテンソウ雄花

カテンソウ花序

2015年5月21日 果実 乃白果序に短い柄がある。花被片に毛が残っている。

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ果実

果実を包む花被は長さ約1.2mm。花被の内側に果実がある。果実は長さ約1mm、粒状の小突起がある。

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ果実

果実の先端は短く曲がり柱頭が残る。中央に雄花序の花序柄が残っている。葉柄の基部に托葉がある。

カテンソウ果実

カテンソウ

カテンソウ

托葉は長さ約1.5mm。托葉の縁に毛がある。

カテンソウ托葉

カテンソウ托葉

カテンソウ

2014年5月1日 若い果実 乃白果序に短い柄がある。

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ

果序は幅約3mm果実は毛のある長さ約1.2mmの花被片4個に包まれている。

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ果実

4個の花被片と果実。4個の花被片、長さは約1.2mm。先端や背面に長毛、縁に短毛がある。

カテンソウ果実

カテンソウ花被片

カテンソウ花被片

果実は長さ約1mm。果実の先端が曲がって花柱がつく。

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ

カテンソウ

カテンソウ

2010年5月4日 若い果実 西長江

カテンソウ果実

カテンソウ果実

カテンソウ

カテンソウ

2005年4月10日 雄花 蕾 川原葉柄の基部に小さな托葉がある。

カテンソウ蕾

カテンソウ

カテンソウ

カテンソウ

カテンソウ

2010年11月6日 東長江

カテンソウ葉

カテンソウ葉

カテンソウ葉

葉柄基部に托葉があり、茎に斜上する毛がある。

カテンソウ托葉

カテンソウ茎

カテンソウ



一帯に群生している。

カテンソウ

カテンソウ

カテンソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑