カラムシ(茎蒸・苧麻)

多年草。
本州〜九州のいたるところの道ばたに多い。茎は叢生し、高さ1〜1.5m、短い寝た毛を密生する。葉は広卵形、鋭尖頭、長さ9〜15cm、ふちに鈍鋸歯がある。表面には白点とまばらに毛があり、裏面は綿毛があって白く、脈上に短毛がある。葉柄は3〜9cm、短毛を密生する。托葉は線形、長さ6mm。花は葉腋の円錐花序につく。茎の下方は雄花序、雄花は4花被片と4雄しべがある。茎の上方から雌花序が出る。雌花は球状に集まり、花被は筒となり長さ0.8mm、短毛がある。花柱は線形。果実は花被筒に包まれ、卵円形長さ0.8mm。花期は8〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Boehmeria nivea var. concolor f. nipononivea
イラクサ科ヤブマオ属
葉の裏面に綿毛がないものをアオカラムシという。
似たものにナンバンカラムシがあるが、茎や葉柄に開出毛が密生している。



2017年9月14日 雄花 東出雲雄花は雄しべ4個、花被片4個。

カラムシ雄花

カラムシ雄花

カラムシ雄花

開いた雄しべは直径約5mm。雄しべの基部に毛がある。中央に退化した雌しべがある。

カラムシ雄花

カラムシ雄花

カラムシ雄花

雄花の蕾、4個の花被片に包まれている。蕾は直径約2mm。花被には短毛がある。

カラムシ雄花

カラムシ雄花

カラムシ雄花

雄花の花柄。花柄や花軸に短毛が密生する。雄花序。

カラムシ雄花

カラムシ花軸

カラムシ雄花序

雄花序は雌花序の下部につく。雌花は多数が球状に集まる。雌花は1個の雌しべが毛状に伸びる。

カラムシ雄花

カラムシ雌花

カラムシ雌花

多数の雌花が球状に集まる。球状花序は直径約3mm、複数の花序の集まり。

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花

花序には多数の雌花が集まっている。球状花序はこの集まりが数個集まったもの。多数の雌花の集まり。

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花

1個の雌花、花被筒は長さ約1mm。花被筒から雌しべが伸びる。花被筒には毛がある。

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花序

雌花序は茎の上部につく。

カラムシ雄花

カラムシ雌花

カラムシ雌花序

葉の裏面は白い。

カラムシ葉

カラムシ葉裏面

カラムシ

カラムシ




2008年9月1日 雌花 玉湯

カラムシ雌花

カラムシ雌花

カラムシ雌花序

雄花

カラムシ雄花

カラムシ雄花

カラムシ雄花序

雌花は上部に、雄花は下部につく。葉の裏は白っぽい。

カラムシ花序

カラムシ葉

カラムシ葉裏面

葉は互生する。

カラムシ葉裏面

カラムシ葉

カラムシ

2005年9月10日 八雲雌花は上部につき、葉は互生する。雄花は下部につく。

カラムシ花序

カラムシ雌花序

カラムシ雄花

雄花。裏面は綿毛があり白色。アオカラムシの葉の裏は緑色。

カラムシ雄花

カラムシ葉裏面

アオカラムシ葉裏面

2003年8月16日 東出雲

カラムシ花序

カラムシ花序

2012年10月25日 果実 八雲果実は球状に固まってつく。

カラムシ果実

カラムシ果実

カラムシ果実

花序枝は長さ約7cm。

カラムシ果実

カラムシ果実

カラムシ果実

花被筒に包まれた果実は長さ約1mm。

カラムシ果実

カラムシ花序

カラムシ

カラムシ

2013年2月14日 果実 島根果実がほとんど落ちた果序。

カラムシ果実

カラムシ果実

カラムシ果実

果実は球形につく。花被筒に包まれた果実は長さ約1mm。

カラムシ果実

カラムシ果実

カラムシ果実

果実は花被筒に包まれている。

カラムシ果実

カラムシ果実

カラムシ果実

花被を取り除いた果実は長さ約0.75mm。

カラムシ果実

カラムシ

2015年5月2日 美保関右はアオカラムシ

カラムシ

カラムシ

カラムシ葉

葉身は約11cm。脈上に毛が多く、表面には散生する。葉の裏面は白い。

カラムシ葉

カラムシ葉

カラムシ葉裏面

葉脈に短毛がある。白い綿毛が密生する。カラムシ(上)、アオカラムシ(下)。

カラムシ葉裏面

カラムシ葉裏面

カラムシ葉

カラムシ茎

カラムシ

2012年5月12日 大東上部の葉裏は特に白い。

カラムシ葉

カラムシ葉裏面

カラムシ葉

形の揃った鋸歯が並ぶ。葉裏は白い。綿毛がある。

カラムシ葉鋸歯

カラムシ葉裏面

カラムシ葉裏面

葉は互生する。アオカラムシ(左)と並んで生えている。

カラムシ茎

カラムシ

カラムシ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑