カラクサシュンギク(唐草春菊)

1年草
北アメリカ南部からメキシコ原産。茎は細く、下部は地を這い、斜上した茎はよく分岐し、高さ15〜30cmになる。全草に園芸植物のマリーゴールドに似た強臭がある。葉は互生またはときに対生し、羽状に深裂、終裂片は糸状となる。直径15〜20mmの鮮黄色の頭状花を多数着ける。最近、観賞用によく栽培され、各地の路傍、河川敷、海岸砂地など乾燥した場所に野生化しているのを見る。別名ティモフィラ、ダールベルグデージー。花期は5〜10月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Thymophylla tenuiloba
キク科カラクサシュンギク属



2017年5月11日 玉湯舌状花は雌性、筒状花は両性花。

カラクサシュンギク花

カラクサシュンギク花

カラクサシュンギク葉

カラクサシュンギク




2017年5月8日 玉湯筒状花は多数で、舌状花が20個ほどある。葉は深裂する。

カラクサシュンギク花

カラクサシュンギク花

カラクサシュンギク葉

葉の裂片の先は尖っている。

カラクサシュンギク葉

カラクサシュンギク茎

2017年5月6日 庭に生えてきた 蕾 玉湯筒状花は多数で、舌状花が20個ほどある。

カラクサシュンギク花

カラクサシュンギク花

カラクサシュンギク総苞

長い花柄の先に1個の頭花をつける。葉は羽状に深裂し、裂片は細く尖る。

カラクサシュンギク

カラクサシュンギク葉

カラクサシュンギク葉

蕾。

カラクサシュンギク蕾

カラクサシュンギク

カラクサシュンギク

どこからか種子が飛んできて芽生えた。

カラクサシュンギク

カラクサシュンギク

2017年6月2日 果実 玉湯

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

果実には長い冠毛がある。

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

冠毛は長さ約4mm。冠毛の下部は幅があり、中部で裂ける。

カラクサシュンギク冠毛

カラクサシュンギク冠毛

カラクサシュンギク冠毛

果実は細い四角錐形、長さ約3.5mm。果実には上向きの短毛がある。

カラクサシュンギク冠毛

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

長い花柄の先に頭花がつく。

カラクサシュンギク

カラクサシュンギク

カラクサシュンギク

カラクサシュンギク

2018年6月23日 果実 玉湯

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実

カラクサシュンギク果実



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑