カラクサナズナ(唐草薺)

越年草
ヨーロッパ原産。茎は基部より多く分岐し、斜めに立って高さ10〜20cm。葉は1〜2回羽状に深裂。ロゼット葉の中心の茎の頂は小さな花序に終わり、基部から斜上または匍匐する分枝を出す。葉腋に花序を出し、直径1mmの細かい、白〜淡黄色の花を着ける。果実は2個の球を合わせた形で高さ1.5mm。特異な果実の形と深く羽状にさけた臭いのある葉によって他と容易に区別できる。花期は4〜6月。(帰化植物写真図鑑)
学名は、Coronopus didymus(YlistのLepidium didymumを採用)
アブラナ科マメグンバイナズナ属

一年草~越年草.悪臭を持つ.茎は基部より多分岐し,斜めに立って高さ10~20cm,淡緑色でやや光沢があり,無毛~白色の軟毛を散生.葉は1~2回羽状に裂ける.側裂片は3~6対.花序は根生または茎上の葉に対向してつく.花は径1mm余.がく4個,卵型で緑色.花弁は白色微小または欠く.雄ずい2個,子房は扁平で花柱はほとんどない.果実(短角)は2個の球を接した形を接した形で高さ1.5mm,上端はへこむ.各室に種子1個.果面に網目状の浅いくぼみ,裂開しない。(国立環境研究所侵入生物データベース)



2018年6月7日 意宇

カラクサナズナ花

カラクサナズナ花

カラクサナズナ花

雄しべの両側に微小な花弁がある。

カラクサナズナ花

カラクサナズナ花

カラクサナズナ花

花は直径約1mm。花は萼片4個に包まれる。萼を外すと雄しべの両側に微小な花弁が見える。

カラクサナズナ花

カラクサナズナ花

カラクサナズナ花

反対側。果期が進むと果序が伸びる。

カラクサナズナ花

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

果序は長さ約1.5cm。

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

果実は2個の扁平な球が合わさった形。若い果実は長さ約2mm、幅2.5mm

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

表面には網目状の微細な凹みがある。

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

若い種子は長さ約1.5mm。上部の葉は1回羽状深裂、茎はほぼ無毛。葉は長さ約1.5cm。

カラクサナズナ種子

カラクサナズナ葉

カラクサナズナ葉

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ




2018年7月2日 若い果実 意宇果実は長さ約1.5mm、幅2.2mm。

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ果実

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ

カラクサナズナ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑