カラクサイヌワラビ(唐草犬蕨)

夏緑シダ植物
北海道南部〜九州の林下、林縁に生育する。葉柄基部の鱗片は線形、褐色〜黒褐色で辺縁は淡色になる。葉身は2回羽状複葉で、上部の羽片は急に狭まり短い尾状になる。羽軸裏面は無毛。小羽片は鈍頭で前側の耳垂は大きく、羽軸に重なる。羽軸と小羽軸の分岐点表面に刺状の突起や小羽軸上に刺状の毛が生えることがある。ソーラスは中肋寄りにつき、包膜は三日月形。別名オオヒロハノイヌワラビ。
学名は、Athyrium clivicola
イワデンダ科メシダ属



タニイヌワラビに訂正しました。


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑