カノコソウ(鹿子草)

多年草
北海道〜九州の山地のやや湿った草地に生える。細長い地下茎を出し、根はかなり太く多数出る。茎は直立し、高さ40〜80cm、節に白い長毛がある。下部の葉には長柄があり、羽状に全裂し、裂片に深い鋸歯があり、卵状長楕円形。上部の葉は葉柄が短く、裂片は広披針形である。花は淡紅色で小さく、密な散房花序につき、苞は線形。花冠は径3mm、長さ4〜7mm、花筒の片側は少しふくれる。雄蕊は3本。そう果は披針形で長さ4mm。白色の羽状冠毛がある。花期は5〜7月。(日本の野生植物)
学名は、Valeriana fauriei
スイカズラ科カノコソウ属
似た花にツルカノコソウがある。



2014年5月22日 八雲雄性先熟で雄しべの葯が出終わってから、雌しべが伸びる。

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

花は長さ、直径とも約5mm。

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ




2012年5月22日 八雲

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

葉は羽状に深裂する。

カノコソウ花

カノコソウ葉

カノコソウ葉

走出枝を出さない。

カノコソウ茎

カノコソウ

カノコソウ

カノコソウ

2010年5月30日 島根

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ葉

カノコソウ葉

カノコソウ茎

カノコソウ

カノコソウ

2008年6月1日 八雲

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ葉

カノコソウ葉裏面

カノコソウ

2007年6月2日 玉湯

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

葉は対生する。3枚の輪生となるもの。葉の裏。

カノコソウ葉

カノコソウ葉

カノコソウ葉裏面

花茎のない根出葉

カノコソウ葉

カノコソウ

カノコソウ

カノコソウ

2003年5月28日 八雲

カノコソウ葉

カノコソウ葉

2014年5月4日 蕾 八雲

カノコソウ蕾

カノコソウ蕾

カノコソウ蕾

カノコソウ

カノコソウ

2013年6月3日 果実 島根

カノコソウ果実

カノコソウ果実

カノコソウ果実

果実が熟すと上部の萼の内側に畳み込まれていた冠毛がのびてくる。

カノコソウ冠毛

カノコソウ冠毛

カノコソウ冠毛

冠毛は直径約1.5cmに広がる。冠毛は長さ約7mm。

カノコソウ冠毛

カノコソウ果実

カノコソウ果実

冠毛は白い枝がある。果実は長さ約3.5mm、3本の筋がある。果実の反対側には1本の筋がある。

カノコソウ果実

カノコソウ果実

カノコソウ果実

果実表面の筋。花は直径約5mm、長さ約5mm。

カノコソウ果実

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ花

カノコソウ葉

カノコソウ

2011年5月2日 幼株 島根

カノコソウ幼株

カノコソウ葉

カノコソウ茎

カノコソウ幼株

カノコソウ幼株

カノコソウ幼株

カノコソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑