ジャンボニンニク(じゃんぼにんにく)

多年草
無臭ニンニクやジャンボリーキという呼称で販売されているが、ニンニク(Allium sativum )とは別の種で、リーキ(Allium ampeloprasum var. porrum )と同じ種の別変種である。背が高く中実の花柄と広く平らな葉はリーキによく似ているが、ニンニクに似た鱗片からなる大きな鱗茎を作る。においはニンニクとまったく同じではないが、リーキよりはニンニクに近い。花期は6月。(Wikipedia)
 茎頂に球状花序を作り、小さな淡紫色の花を密集して咲かせる。花序は開花するまでの間、薄い苞に包まれている。別名 無臭ニンニク、エレファントガーリック。
 「中国植物物種信息数据庫」の変種のリーキの説明に「花丝稍比花被片长,基部合生并与花被片贴生,两侧的下部具细齿,内轮的下部约2/3扩大成长方形,扩大部分与花被片近等宽,每侧各具1齿,齿端延长成卷曲的丝状,远比中间着药的花丝长,外轮的无齿,下部稍扩大成狭长的条状三角形;子房卵球状,在中下部沿腹缝线具横向隆起的蜜腺」とある。
学名は、Allium ampeloprasum var. ampeloprasum
ヒガンバナ科ネギ属



2019年6月20日 八雲花序は直径約6cm。

ジャンボニンニク花

ジャンボニンニク花

ジャンボニンニク

花被片は平開しない。

ジャンボニンニク花

ジャンボニンニク花

ジャンボニンニク花

蕾は三角錐状をしている。花柄は長さ約4cm。花は直径約6mm、花被片は長さ約6mm。

ジャンボニンニク蕾

ジャンボニンニク花

ジャンボニンニク花

花被片と雄しべの一部を除いた。

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

花糸の両肩の先が糸状に長く伸びる。子房の中ほどに突起状の蜜腺がある。

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

花の縦断面。雄しべは基部が広いものと狭いものが交互にある。

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

雄しべの広いものと狭いもの。基部が広いもの。両肩が糸状になる。

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク




2019年6月6日 蕾 八雲蕾は直径約2cm。

ジャンボニンニク蕾

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

葉の幅は約3.5cm。茎は直径約12mm。

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク

蕾の先端まで高さは約140cm。

ジャンボニンニク

ジャンボニンニク



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑