ジャコウソウ(麝香草)

多年草
北海道〜九州の山の谷間に生える。茎はふつう分枝しないで多くは斜めに傾き、長さ50〜100cm。葉は挟倒卵形または広倒披針形で、先は長くとがって、縁には鋸歯があり、長さ10〜20cm、幅3〜10cm、表面には斜上する毛、裏面の脈上には開出毛があり、基部はやや細くなって円形、切形ときに耳状心形、3〜10(〜20)mmの葉柄がある。花は短い花序柄の先に1〜3個ずつつき、花柄は2〜7mm。萼は鐘形で果時には長さ15〜18mmとなり、細毛がある。花は淡紅色〜紅紫色、長さ4〜4.5cm、開口部はやや白い。分果は長さ7〜10mm、楕円形。上部の葉腋に長さ5〜12mmの短い柄をだし、1〜3個の紅紫色の唇形花をつける。花冠は長さ3.5〜4.5cm。筒部が長く、上唇は短く、下唇は3裂する。花期は8〜9月。(日本の野生植物)
学名は、Chelonopsis moschata
シソ科ジャコウソウ属



2007年9月22日 八雲葉の基部は耳形になる。

ジャコウソウ花

ジャコウソウ葉

ジャコウソウ葉裏面

ジャコウソウ茎

ジャコウソウ




2005年9月10日 八雲

ジャコウソウ花

ジャコウソウ花

ジャコウソウ花

ジャコウソウ花

2005年9月17日 八雲

ジャコウソウ花

ジャコウソウ花

2005年8月20日 蕾 八雲

ジャコウソウ蕾

ジャコウソウ

2018年8月27日 八雲葉の基部が耳状に張り出す。

ジャコウソウ

ジャコウソウ

ジャコウソウ

蕾。萼は上唇が2裂、下唇が3裂する。

ジャコウソウ

ジャコウソウ

ジャコウソウ

2005年7月17日 八雲

ジャコウソウ葉

ジャコウソウ

2004年10月3日 花後 八雲花後に萼は膨らむ。

ジャコウソウ

ジャコウソウ萼

ジャコウソウ

2018年11月10日 果実殻 八雲果実はなかった。萼は長さ約1.4cm。

ジャコウソウ萼

ジャコウソウ萼

ジャコウソウ萼

ジャコウソウ

ジャコウソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑