イヌヨモギ(犬蓬)

多年草
北海道〜九州のやや乾いた丘陵に生える。根茎は長く伸びない。茎は叢生し、花をつけない茎は短く、先にロゼット状に葉をつける。ロゼットの葉は広いさじ状で長さ3〜10cm、幅1.5〜4cm、円頭、基部はくさび状で柄となり、縁には大きな鋸歯がある。表面は緑色で微毛があり、裏面は淡緑色で多少絹毛があり、腺点がある。花茎は高さ30〜80cm、下部の葉は花時は枯れ、中部の葉は倒卵形またはさじ形で、長さ4.5〜8.5cm、大きな鋸歯がある。総状円錐花序に多数の下向きの頭花をつける。頭花は球形で、径3〜3.5mm、総苞片は3〜4列、外片は短く広卵形で長さ1mm、中片と内片の縁は広く透明膜質。小花の花柱の先端は鋭尖頭。そう果は挟倒卵形をなしてやや扁平、長さ2mmで、毛はない。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Artemisia keiskeana
キク科ヨモギ属



2006年10月14日 鹿島

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ




2013年10月28日 鹿島

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花序

頭花の乾燥標本、長さ約3mm。筒状花、花冠は長さ約1.5mm、
子房が約0.5mm。

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花

葉は葉柄を含めて長さ約3cm。

イヌヨモギ花序

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉

主脈上に毛がある。葉面の毛。

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉裏面

裏面は毛が多い。脈上の毛。裏面の毛、腺点がある。

イヌヨモギ葉裏面

イヌヨモギ花

イヌヨモギ花

茎にも毛がある。茎の毛。花期に花のつく茎のロゼット葉は枯れる。

イヌヨモギ茎

イヌヨモギ茎

イヌヨモギ茎

花のつかないロゼット葉。

イヌヨモギ

イヌヨモギ ロゼット葉

2014年10月11日 果実 鹿島総苞は長さ約3mm。

イヌヨモギ果実

イヌヨモギ果実

イヌヨモギ果実

1総苞内に0〜3個の果実があった。果実は長さ約1.5mm。反対側。

イヌヨモギ果実

イヌヨモギ果実

イヌヨモギ果実

花柱の残った果実。

イヌヨモギ果実

イヌヨモギ果序

イヌヨモギ果序

葉は長さ約3.5cm。

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉裏面

裏面には毛が密生する。花序のない茎の葉。

イヌヨモギ葉裏面

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ

2006年8月5日 蕾 鹿島

イヌヨモギ蕾

イヌヨモギ

イヌヨモギ葉

茎や葉裏には綿毛が多い。

イヌヨモギ葉裏面

イヌヨモギ茎

イヌヨモギ

花をつけない茎はロゼット状に葉をつける。

イヌヨモギ ロゼット葉

イヌヨモギ葉裏面

2006年7月15日 鹿島

イヌヨモギ蕾

イヌヨモギ葉

イヌヨモギ葉裏面

イヌヨモギ ロゼット葉



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑