イヌカタヒバ(犬片檜葉)

常緑シダ植物
熱帯、亜熱帯地域に分布し、わが国の石垣島・西表島などの八重山諸島にも自生し、絶滅危惧Ⅱ類として扱われている。地下茎は這い、葉状枝は直立または斜上し、3〜4回羽状に分岐し、三角形の葉身状となって先が尖り、長さ12〜25cm、幅5〜10cmになる。葉には2型があって、大型の腹葉と小型の背葉を着ける。在来種のカタヒバに似ているが、本種の背葉の縁に毛があり白く、先はのげ状に尖る。晩秋になると、植物全体が赤褐色を帯び紅葉する。人家の石垣などに逸出し、本州各地で増殖しつつある。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Selaginella moellendorffii
イワヒバ科イワヒバ属
似たものにカタヒバがあり、腹葉に鋸歯がなく、また背葉の縁に白膜がない。



2014年9月27日 大庭枝先に無性芽がついている。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

背葉の縁に白膜と鋸歯があり、先端は芒状に尖る。腹葉に白膜と鋸歯がある。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ




2013年1月31日 大庭

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

無性芽

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

腹葉は長さ約1.5mm、縁に鋸歯がある。背葉は長さ約1.1mm。縁に白膜がある。腹葉に鋸歯があり、背葉の先は芒状に尖る。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

背葉の縁に白膜があり、先は芒状に尖る。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

2010年6月20日 大庭葉状枝は立ち上がって開く。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

腹葉。腹葉の縁には鋸歯がある。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

背葉の縁に白膜がある。背葉の先は芒状に尖り、鋸歯がある。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

背葉の縁の白膜と鋸歯。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

2009年1月4日 大庭胞子曩穂

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ

背葉の先は芒状になる。

イヌカタヒバ

イヌカタヒバ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑