イヌビワ(犬枇杷)

落葉低木
関東地方〜九州の山地や丘陵に生え、高さ約5mになる。樹皮は灰褐色で、本年枝は無毛。葉は互生し、長さ8〜20cm、幅3〜8cmの卵状楕円形。先は急にとがり、基部は円形またはハート形、全縁。両面とも無毛。葉柄は長さ2〜5cm、ほとんど無毛。托葉は長さ8〜12cmの狭披針形。本年枝の葉腋に長さ8〜10mmの花のうが1個ずつつく。雌雄異株。雄と雌の花嚢は同形だが、雄花嚢は基部が細長く伸びることが多い。秋に雌花嚢は直径1.5〜2cmの果嚢となり、黒紫色に熟し、上部に割れ目が入る。雄果嚢は熟すと上部に小さな穴が開き、羽化したイヌビワコバチが外に出る。花期は4〜5月。
品種として葉の細いホソバイヌビワがある。
冬芽は、2〜4枚の芽鱗に被われ、円錐形で、先が細くなり尖る。2個の托葉が基部で合着し芽鱗状となり冬芽を包む。この托葉が落ちた痕が托葉痕で枝を1周する。葉痕は円形または腎臓形。
学名は、Ficus erecta var. erecta
クワ科イチジク属



2003年11月16日 佐草2004年1月24日 幹 田和山

イヌビワ

イヌビワ

2009年9月13日 熟した果実 宍道

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

葉の基部は心形となる。

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

2004年8月12日 果実 上東川津

イヌビワ

イヌビワ

2005年11月5日 島根大芦

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

2007年11月25日 鹿島

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ

イヌビワ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑