ホウチャクソウ(宝鐸草)

多年草
北海道〜九州の丘陵、原野の林下に生える。走出枝は地下を伸びる。茎は高さ15〜60cm、多少分枝する。葉は互生し、狭披針形〜広卵形、長さ4〜15(〜16)cm、先は漸鋭先形〜鋭形、基部は円く、無毛、3〜7(〜9)脈があり、柄は短く、裏面の脈上と縁に半円形の小突起がある。花序は茎頂につき、1〜3(〜4)花からなり、花序柄はふつうない。花は筒状鐘形、端部でわずかに広がり、香気はなく、下垂して咲く。花柄は長さ1〜3(〜3.5)cm、わずかに稜がある。花披片はへら形〜倒披針形または倒卵形、長さ2〜3cm、白色だが端部で緑色を帯び、先は円いが微短突起があり、内面下部に微細な短毛や乳頭状突起があり、外面下部に稜が出て、稜が基部の嚢状のふくらみにつながり、嚢状部の長さは1.5〜2(〜3)mm。花糸は長さ(1.2〜)1.5〜2cm、基部に微細な乳頭状突起があり、葯は線状長楕円形、長さ(3.5〜)4〜6mm、帯黄色、子房は倒卵形、長さ3〜4mm、緑色、3室で各室に3個の胚珠があり、花柱は長さ1.2〜2.3cm、白色、上部で3裂し、裂部の長さは3〜8mm。液果は径10mm内外、8〜10月に熟し、種子は長さ約4mm。の球形で熟すと黒くなる。花期は4〜6月。(野に咲く花)
学名は、Disporum sessile
イヌサフラン科ホウチャクソウ属



2013年5月6日 八雲

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

雄しべ6個、雌しべ1個。雄しべの基部に毛がある。花被片6個は合着しない。

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ




2004年4月11日 城山公園

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

2005年4月24日 八雲6枚の花被片は合着しない。

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

ホウチャクソウ花

茎は2分岐する。

ホウチャクソウ茎

ホウチャクソウ

2004年4月3日 蕾 城山公園茎は2分岐する。

ホウチャクソウ蕾

ホウチャクソウ茎

2014年10月4日 果実 東持田

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ果実

果実は長さ約1.5cm。種子は9個入っていた。種子は長さ約5mm。

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ種子

ホウチャクソウ種子

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ

2011年9月14日 果実 玉湯

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ

2003年10月16日 果実 城山公園

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ

2010年5月30日 若い果実 枕木

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ

2007年7月8日 若い果実 枕木

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ

2003年8月3日 果実 城山公園2004年7月24日 果実 真山

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ果実

ホウチャクソウ果実

2013年4月13日 蕾 玉湯茎が枝分かれする。茎に鱗片葉がつく。

ホウチャクソウ蕾

ホウチャクソウ茎

ホウチャクソウ鱗片葉

茎につく鱗鱗片葉。

ホウチャクソウ鱗片葉

ホウチャクソウ

2011年5月4日 蕾 八雲茎が枝分かれする。

ホウチャクソウ蕾

ホウチャクソウ茎

ホウチャクソウ葉

ホウチャクソウ茎

ホウチャクソウ鱗片葉

ホウチャクソウ鱗片葉

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ

2010年4月28日 植裁 玉湯

ホウチャクソウ芽吹き

ホウチャクソウ芽吹き



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑