ホソバワダン(細葉海菜)

亜低木
本州(島根県・山口県)〜琉球の海岸の岩場や礫地に生える。葉は茎の先端に密に互生し、花序はその腋から側生する。側枝の下部は10〜20cmほどが地面を這い、上部は上向し、高さ10〜30cmとなる。根出葉はさじ状長楕円形または線状長楕円形で鈍頭、長さ5〜15cm。全縁か不規則に羽状裂する。茎の下部の葉は明らかに茎を抱く。花は黄色、頭花は側枝の先に密散房状につく。そう果は長さ2.5〜4mm、幅0.8mm、10〜15肋がある。花期は10〜11月。(日本の野生植物)
学名は、Crepidiastrum keiskeanum
キク科アゼトウナ属



2021年11月21日 美保関町頭花は舌状花のみからなる。

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

頭花は直径約1.5cm。

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

果実は長さ約2.8mm。側枝の葉は茎を抱いている。

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

葉腋から花をつける側枝を出す。

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

花をつけていない根生葉

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン

ホソバワダン






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑