ホソバアカザ(細葉藜)

1年草
北海道〜九州のおもに海岸近くに生える。シロザにやや似ているが、葉は線状被針形~披針形、下部の葉では不規則な浅い歯牙がまばらにあるかほとんど全縁、上部の葉では全縁で、裏面は多少粉白色となる。花序がつく枝は細かく分枝し、下部の節に苞状の葉がある。軸には粉状毛があるが、乳頭状突起はない。花被片の背部は稜状に高まらず、緑色を呈する。種子は広楕円形で、凸レンズ状、短い嘴状突起があり、黒色で鈍い光沢があり、周囲は竜骨状をなす。シロザよりもむしろシロザモドキに近縁で、しばしば区別が難しくなることがある。カワラアカザにも外見が似ているために混同されることがあるが、カワラアカザは花序の軸に乳頭状突起がある。花期は9〜10月(日本の野生植物)
よく似たマルバアカザ、カワラアカザは花序枝に管状の毛が密生する。
学名は、Chenopodium stenophyllum
ヒユ科アカザ属



2015年9月26日 鹿島

ホソバアカザ花序

ホソバアカザ花序

ホソバアカザ花序

花序軸に粉状物のみで管状の毛はない。

ホソバアカザ花序

ホソバアカザ花序軸

ホソバアカザ花序軸

花被が5角形に果実を包む。薄い果皮に包まれた果実は直径1.2mm。

ホソバアカザ果実

ホソバアカザ果実

ホソバアカザ果実

薄い果皮の中に種子がある。果皮を除いた種子は直径約1.2mm。種子の表面に低い畝状の模様がある。

ホソバアカザ果実

ホソバアカザ種子

ホソバアカザ種子

葉は長さ約3cm、低い鋸歯がある。葉の縁に狭い膜がある。

ホソバアカザ葉

ホソバアカザ葉

ホソバアカザ葉

葉の表面にまばらに粉状粒がある。葉の裏面。裏面には粉状粒が密生する。

ホソバアカザ葉

ホソバアカザ葉裏面

ホソバアカザ葉裏面

ホソバアカザ

ホソバアカザ

2011年10月12日 鹿島花序枝に管状の毛がない。

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

葉質は厚い。

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ





2009年10月3日 大井

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

葉質は厚い。

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ

2004年10月24日 鹿島手結

ホソバアカザ

ホソバアカザ

ホソバアカザ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑