ゴマキ(胡麻木)

落葉高木
本州(関東地方以西の太平洋側)〜九州の山地。よく分枝して茂り、高さ7mほどになる。樹皮は灰褐色。若い枝は緑色で、のちに褐色〜灰黒色になる。葉は対生。葉身は長さ6〜15cm、幅2〜9cmの倒卵状長楕円形で、ごわごわしてかたい感じがする。先は鈍く、基部は広いくさび形。上部には明瞭な鋸歯があるが、基部近くには鋸歯がない。表面は無毛で暗緑色。裏面は淡緑色で脈状に毛が多い。側脈は6〜12対、裏面に突出し、葉のふち近くまではほぼまっすぐにのびている。葉柄は長さ5〜30mmで有毛。枝先に直径6〜14cmの円錐花序をだし、直径7〜9mmの白い花を多数つける。花序の柄は長さ4〜7cm。花柄は対生し、花序の軸とともにふつう有毛。花冠は高坏状で、上部は深く5裂して平開する。雄しべは5個、花冠から突きでる。雌しべは1個、花柱はごく短い。萼はごく小さな杯状で、上部はわずかに5裂する。苞は長さ1〜3mmの卵状披針形。果実は核果。長さ8〜10mmの楕円形で、8〜10月に赤くなり、完全に熟すと黒くなる。核は長さ7〜8mmの卵状楕円形で、深い縦の溝が1個ある。花期は4〜6月。
冬芽の芽鱗は2対、外側の1対は早落性。葉痕は三角形〜皿形。維管束痕は3個。樹に咲く花)
学名は、Viburnum sieboldii
ガマズミ科ガマズミ属



2019年5月21日 島根花は直径約1cm。

ゴマキ花

ゴマキ花

ゴマキ花

ゴマキ花

ゴマキ

ゴマキ




2008年5月17日 東持田

ゴマキ花

ゴマキ花

ゴマキ花

葉は広倒卵形

ゴマキ葉

ゴマキ葉

ゴマキ

2006年5月3日 蕾 八雲葉は広倒卵形。

ゴマキ蕾

ゴマキ葉

ゴマキ葉

葉の基部は広いくさび形、円形。

ゴマキ葉裏面

ゴマキ葉裏面

ゴマキ

2012年9月16日 果実 島根果実は長さ約1cm。

ゴマキ果実

ゴマキ果実

ゴマキ果実

熟すと黒くなる。果実の横断面。核(種子)は長さ約8mm、裏に凹みがある。

ゴマキ果実

ゴマキ果実

ゴマキ核

2007年9月8日 果実 島根

ゴマキ果実

ゴマキ果実

この樹の葉は、時期のせいか、個体の形質なのか、もんでも匂いがしなかった。
2013年7月11日 果実 鹿島果実は長さ約1cm。

ゴマキ果実

ゴマキ果実

ゴマキ果実

果実の横断面。1個の核が入る。核は長さ約8mm、縦溝がある。

ゴマキ果実

ゴマキ果実

ゴマキ果実

葉身は長さ約15cm、幅約9cm。

ゴマキ葉

ゴマキ葉

ゴマキ葉

葉脈が裏面に突出する。葉脈や脈腋に毛がある。冬芽と葉痕。

ゴマキ葉裏面

ゴマキ葉裏面

ゴマキ冬芽と葉痕

ゴマキ樹皮

ゴマキ

ゴマキ

ゴマキ

2005年7月23日 果実 島根

ゴマキ果実

ゴマキ果実

ゴマキ果実

ゴマキ葉

ゴマキ葉

ゴマキ葉裏面

ゴマキ

ゴマキ

2007年12月23日 果実 冬芽 葉が落ちる頃には実が赤から黒くなる。 東持田

ゴマキ果実

ゴマキ冬芽

ゴマキ冬芽

ゴマキ樹皮

ゴマキ


2007年2月25日 冬芽 八雲

ゴマキ冬芽

ゴマキ冬芽

ゴマキ冬芽

2006年3月11日 八雲

ゴマキ冬芽

ゴマキ冬芽

ゴマキ樹皮

ゴマキ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑