ヒメミソハギ(姫禊萩)

1年草
本州〜琉球の水田や湿地に生える。茎は直立し、毛はなくて、4稜があり、枝を分け、高さ10〜30cmになる。葉は対生し、ほとんど柄がなく、広線形〜披針状長楕円形、先は鋭形、基部はやや耳状となって茎を抱き、長さ1.8〜5cm、幅2〜12mm。花は集散花序をなし、腋生する。花径は約1.5mm。萼筒は鐘形、長さ約1.5mm、4裂片は三角形。花弁は小さく4個で、倒卵形、淡紫色。雄しべは4個。さく果は球形、径約2mm、紅紫色で、萼より長い。種子は細かく、三角形。花期は9〜11月。(日本の野生植物)
学名は、Ammannia multiflora
ミソハギ科ヒメミソハギ属



2011年9月25日 玉湯花弁は4個で、ごく小さい。

ヒメミソハギ花

ヒメミソハギ花

ヒメミソハギ葉

ヒメミソハギ葉

ヒメミソハギ葉裏面

ヒメミソハギ茎

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ




2010年9月26日 玉湯

ヒメミソハギ花

ヒメミソハギ花

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ

2015年8月27日 果実 島根果皮が破れ種子がでている。

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

果実は直径約1.5mm。下半部は萼に包まれる。中央の胎座を囲んで種子が並ぶ。

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ種子

種子は長さ約0.3mm。

ヒメミソハギ種子

ヒメミソハギ種子

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ

2009年10月10日 果実 玉湯

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ

果実は直径約2mm。果実の下半部を萼が包む。

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

種子は長さ約0.35mm。

ヒメミソハギ種子

ヒメミソハギ種子

ヒメミソハギ種子

葉の基部を裏側から。

ヒメミソハギ種子

ヒメミソハ葉

ヒメミソハギ

2013年11月16日 果実 西尾

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

果実は直径約1.6mm。種子は長さ約0.5mm。

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

種子の表面に網目模様がある。

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ果実

ヒメミソハギ葉

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ

2006年10月1日 果実 乃白

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ

ヒメミソハギ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑