ヒメキンギョソウ(姫金魚草)

1年草
Linaria bipartita(北アフリカ等原産)やLinaria maroccana(モロッコ原産)など、いくつかの種の交配によって誕生した園芸植物で、逸出し野生化しているものもある。草丈は30〜40cm。花の後ろにしっぽのような距がある。紫、赤、ピンク、白、黄色などの花を付けるものがある。花期は4〜6月。
学名は、Linaria maroccanaが使われるようだ。
オオバコ科ウンラン属
参考:ヒメキンギョソウ(三河の植物観察)

日本の1年草のリナリアはLinaria bipartita、Linaria maroccana、Linaria pinifolia (= Linaria reticulata)の3種が多い。
1 ムラサキウンラン Linaria bipartita
  全体に無毛、花冠は濃青色、紫色、又は淡モーブ色(mauve)、まれにピンク色
2 ヒメキンギョソウ Linaria maroccana
  花序は花が密、腺毛。花冠は赤紫色(red-violet )~マゼンタ色。
3 リナリア・レティクラタ Linaria pinifolia
  花序は花が密につき、密に腺毛。花冠は赤紫色。



2018年4月19日 美保関下唇の口部に毛がある。

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

花の後ろに長い距がある。距は長さ約1.3cm。花の幅は約1.5cm。

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

萼や花柄、茎に腺毛がある。葉は幅の狭い披針形。

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ




2009年4月19日 宍道花序に腺毛がなく、ムラサキウンランなのかもしれない。

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

2009年4月15日 押し花にしたもの。宍道

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ

ヒメキンギョソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑