ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

多年草
ペルー原産。匐性の小低木で,茎は長く地表を這う.葉は対生し,へら形で,1/2より先に鋸歯があり,長さ2cmほど.葉腋より穂状花序を出すが,花序の上面は平たく,唇形花が開いた花弁のように見える.下唇は目立ち幅が上唇の2倍ほどで,3裂し,明るいピンク色で,喉部には黄色の斑紋がある。花期は6〜9月。(神奈川県植物市2018)
学名は、Phyla canescens
クマツヅラ科イワダレソウ属
在来種のイワダレソウは、まつかさ状の花穂の下から上へと花が咲きあがる。参考 みやざきの植物散策 イワダレソウ 
また緑化の資材として改良されたイワダレソウ(クラピア)がある。



2013年6月3日 西川津花穂は直径約1cm。

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

花は直径約4mm、下唇が目立つ。

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

葉は長さ約1.2cm。

ヒメイワダレソウ葉

ヒメイワダレソウ葉裏面

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ




2012年7月28日 西川津下唇が目立つ。

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ葉

ヒメイワダレソウ葉裏面

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ

2010年7月5日 植裁 玉湯国道脇

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

ヒメイワダレソウ花

花後。

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ

道路脇の雑草防止に植えられたものか?。

ヒメイワダレソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑