ヒメヒオウギズイセン(姫緋扇水仙)

多年草(球根)
南アフリカ原産。日当たりのよい各地の道路沿い、人家周辺などに野生化する。草丈は0.5〜1m。球茎は径1.5〜3cm。茎は2〜4枝に枝分かれして、湾曲することが多い。葉は根生し、披針形で、幅5〜35mm。花序は穂状で、苞は長さ6〜10mm、先のほうは茶色。花は径3cm内外の橙赤色の花を2列につける。花被片は、内外片ともに狭楕円形で、橙赤色、基部はしばしば黄色をおび、長さ16〜25mm、幅6〜9mm。基部は合着して筒状になり、筒部は長さ12〜15mm。雄蕊は長さ15〜22mm、葯は6〜8mm。子房は楕円形で3室、径約3mm内外。花柱は分枝し、柱頭は3裂する。花柱分枝は、長さ約4mmで先端は2裂する。さく果は球形で、押しつぶされたように縮まって凸凹があり、3稜形。種子は球形で黒色、光沢があり、径約2.5mm。花期は6〜8月。(日本の野生植物)
学名は、Crocosmia x crocosmiiflora
アヤメ科ヒオウギズイセン属



2015年7月2日 鹿島花は直径約5cm。

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン花

雄しべ3個、柱頭は3裂し、先端は2裂する。

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン花序

ヒメヒオウギズイセン

2010年7月10日 玉湯

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン花序

ヒメヒオウギズイセン蕾

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン




2006年7月15日 鹿島

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン

2004年7月11日 乃白

ヒメヒオウギズイセン花

ヒメヒオウギズイセン

2015年9月26日 果実 鹿島ほとんどが結実しない。1個だけ種子の入ったものがあった。

ヒメヒオウギズイセン果実

ヒメヒオウギズイセン果序

ヒメヒオウギズイセン種子

種子は長さ約3.4mm。

ヒメヒオウギズイセン種子

2010年7月31日 若い果実 東忌部

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

2008年8月24日 果実 玉湯

ヒメヒオウギズイセン果実

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

2009年9月21日 果実 玉湯

ヒメヒオウギズイセン果実

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑