ヒメガンクビソウ(姫雁首草)

多年草
本州(岩手県以南のおもに太平洋側)〜九州のやや乾いた山林内に生える。サジガンクビソウに似ているが、全体に繊細である。茎は細く高さ15〜45cm、軟毛を密生し、上部で枝を分ける。根生葉はロゼット状でさじ形、ふぞろいなっ鋸歯がある。茎葉は少なくまばらにつく。頭花は枝先に点頭し、総苞は筒鐘形で長さ6.5mm、総苞片は3列、外片は短く、卵形で、反曲する。そう果は長さ約3.5mm。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Carpesium rosulatum
キク科ヤブタバコ属
似た花にサジガンクビソウがあるが、頭花が8〜15mmと大きい。



2011年8月6日 八雲頭花は直径約4mm。

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ花

頭花は枝先に1個ずつつく。

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ

不ぞろいの波状の鋸歯がある。根生葉は長さ約18cmある。

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉裏面

ヒメガンクビソウ

根生葉はロゼット状につく。

ヒメガンクビソウ




2016年9月10日 八雲頭花は長さ約7mm。頭花は直径約5mm。

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ

2013年7月20日 蕾 美保関蕾は長さ約4mm。

ヒメガンクビソウ蕾

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ

茎は繊細で、葉をまばらにつける。

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ

2012年8月8日 大東まだ蕾です。

ヒメガンクビソウ蕾

ヒメガンクビソウ蕾

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉

葉は長さ約13cm。葉の縁には波状の鋸歯がある。

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉裏面

ヒメガンクビソウ

2011年10月8日 果実 八雲果実は長さ約4mm。上部に粘液を出す腺がある。

ヒメガンクビソウ果実

ヒメガンクビソウ果実

ヒメガンクビソウ果実

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ花

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ葉

ヒメガンクビソウ

ヒメガンクビソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑