ヒキノカサ(蛙の傘)

多年草
関東地方以西〜沖縄の原野の湿地に生える。根元から数個の紡錘状に太まった根と細い根がでる。茎は高さ10〜25cm、やや無毛または少し毛があり、下部から分枝する。根出葉は長柄があり、腎円形または広卵形、幅1.5〜4cm、掌状に3〜5浅〜深裂、時に裂片はさらに2〜3深裂、鈍頭、毛を散生する。茎葉は短柄があるかまたは無柄、1〜2回3深裂、裂片は線形。花柄は長さ1.5〜3cm。萼片は5、舟形、広楕円形、長さ3〜3.5mm、背に毛がある。花弁は5、黄色、倒卵形、円頭、長さ6〜7mm、爪部に蜜腺がある。花糸は無毛、長さ1.8mm、葯は長さ1mm。集合果は広楕円形、花床は無毛。そう果は円形、長さ1.2mm。花柱は短く少し曲がる。花期は4〜5月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Ranunculus ternatus
キンポウゲ科キンポウゲ属


イボミキンポウゲの間違いでした。




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑