ヒイラギナンテン(柊南天)

常緑低木
中国〜ヒマラヤ・台湾の原産。高さ3mほどになる。葉は互生。長さ30〜40cmの奇数羽状複葉で、小葉は5〜9対。小葉のふちには先端が針状の粗い鋸歯がある。枝先に長さ10〜15cmの総状花序を数個だし、黄色の花を多数つける。花は直径7mmほど、雄しべは6個あり、触れると内側に曲がる。果実は液果。直径7mmのほぼ球形〜楕円形、6〜7月に粉白を帯びた黒紫色に熟す。花期は3〜4月。
学名は、Berberis japonica
メギ科メギ属



2018年4月4日  玉湯 植栽花柄の基部に苞がある。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

花弁の周囲を萼が囲んでいる。花は萼が開くと直径約1cm。萼は大小の9個ある。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

花弁は6個が筒状に直立している。6個の花弁の先端は2浅裂する。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

花弁は長さ約7mm。雌しべ1個、雄しべ6個。雄しべと雌しべ。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

花粉が出ている雄しべ。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

雌しべの柱頭。葉は大きな奇数羽状複葉。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

小葉には鋭い鋸歯がある。小葉は長さ約8cm。小葉は表裏とも無毛。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑