ヒガンバナ(彼岸花)

多年草。
人家に近い田畑の縁、堤防、墓地などに群生して、花期には人目をひく。鱗茎は広卵形で外皮は黒い。葉は線形、深緑色で光沢があり、長さ30〜40cm、幅6〜8mm、花の終わったあと晩秋に現れて束生し、翌年3〜4月に枯れる。花茎は高さ30〜60cmになる。総苞片は披針形で膜質、長さ2〜3cm、花柄は長さ6〜15mm。花は朱赤色、花被片は狭倒披針形で長さ約40mm、幅5〜6mm、強く反り返り、筒部は長さ6〜10mm、喉部の副花冠状裂片はごく小さく不規則なものもある。花糸は花冠の外にいちじるしく突出し、細長く、赤色、上方に曲がり長さ約8cm。葯は長楕円形で暗赤色。花柱は糸状で赤色、雄しべよりも長い。果実は不稔で、種子はできない。まれにできても発芽しないことが多い。北海道〜琉球に広く分布するが、もとよりの自生ではなく、昔、中国から渡来したものが広がったものと考えられる。花期は9月。(日本の野生植物)
学名は、Lycoris radiata
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
よく似たものに変種で2倍体のコヒガンバナがある。花期が1ヶ月ほど早く、結実する。



2017年9月14日 東出雲

ヒガンバナ花

ヒガンバナ花

ヒガンバナ花




2013年9月16日 大草花被片は6個ある。花被片は通常は6個ある、雄しべ6個。

ヒガンバナ花

ヒガンバナ花

ヒガンバナ花

蕾、花被片の下部に子房がある。

ヒガンバナ蕾

ヒガンバナ蕾

ヒガンバナ

2005年9月10日 大草

ヒガンバナ花

2002年9月21日 大草

ヒガンバナ花

ヒガンバナ花

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

2004年11月28日 晩秋に葉が伸びる。 乃白

ヒガンバナ葉

2019年5月11日 球根(鱗茎) 八雲

ヒガンバナ球根

ヒガンバナ球根

ヒガンバナ球根

ヒガンバナ球根

ヒガンバナ球根


11月16日に確認すると花茎は朽ち果てており、全て結実にはいたらなかったようです。
2014年11月16日 八雲葉が伸びている。

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

2014年9月27日 果実 八雲果実は3稜があり、長さ約5mm。

ヒガンバナ果実

ヒガンバナ果実

ヒガンバナ果実

果実は長さ約5mm。果実は3稜があり、3室ある。まだ未熟だが種子が入っていた。

ヒガンバナ果実

ヒガンバナ果実

ヒガンバナ種子

3室にそれぞれ種子が入っている。種子は長さ約1.3mm。

ヒガンバナ果実

ヒガンバナ種子

ヒガンバナ種子

ヒガンバナ

ヒガンバナ


2007年10月20日 成熟するかどうか。 八雲種ができずにしぼんだもの。

ヒガンバナ果実

ヒガンバナ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑