ハナウリクサ(花瓜草)

1年草
 インドネシア原産。草丈20~30cm、茎は4稜で細毛が生え、葉は対生し長さ4~7cmの卵形で先が尖り、葉脈が良く目立ち縁に鋸歯がある。花は淡青色の筒状で5深裂し、花冠の直径約3cmで葉腋に1個ずつつけ、側弁と唇弁の先は濃紫色、唇弁の中央に黄色の班が入る。白、ピンク、黄など色々ある。別名トレニア。花期は8〜10月。
学名は、Torenia fournieri
アゼナ科ハナウリクサ属



2019年7月4日 植栽 玉湯

ハナウリクサ花

ハナウリクサ花

ハナウリクサ

ハナウリクサ花

ハナウリクサ花

ハナウリクサ萼

ハナウリクサ葉

ハナウリクサ葉

ハナウリクサ茎

ハナウリクサ

ハナウリクサ






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑