ハナイバナ(葉内花)

1〜越年草
北海道〜琉球の道ばたや畑でふつうに見られる。越年草の生活形をとる個体はロゼット状の根出葉があり、茎は基部でさかんに分枝して平面的に広がり、長さ30cmに達するが、一年草の生活形の個体は根出葉がなく、茎は基部から直立して中部で分枝し、枝は斜上して高さ6cmほどになる。枝はは細く上向きの圧毛がある。根出葉と最下部の茎葉はさじ形で長さ0.8〜4cm、幅0.5〜1.5cm、縁は波打ち、長い葉柄があるが、茎葉はほとんど無柄で楕円形、長さ0.5〜2.5cm、鋭頭、上部はしだいに小さくなって茎の先までつき、両面に粗い毛があり、上面の毛の基部はやや白色盤状に肥厚する。花は上部の葉腋につき、花柄は花時0.5〜1mm、果時2〜3mm。花冠は淡青紫色で径2〜3mm、喉部の付属体は花冠と同色で円形、やや凹頭。花期は3〜12月。(日本の野生植物)
学名は、Bothriospermum zeylanicum
ムラサキ科ハナイバナ属



2013年11月17日 玉湯中央の副花冠は白い。

ハナイバナ花

ハナイバナ花

2012年11月22日 鹿島中央に白い副花冠がある。花は直径約3mm。

ハナイバナ花

ハナイバナ花

ハナイバナ花

花時の萼は小さい。萼が大きくなって果実を包む。果実は4分果。

ハナイバナ萼

ハナイバナ萼

ハナイバナ果実

萼は直径約8mm。果実は長さ約1.5mm。

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

果実には乳頭状の突起がある。

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

ハナイバナ




2012年6月14日 美保関

ハナイバナ花

ハナイバナ花

ハナイバナ花

果実を包む萼は大きくなり下を向く。果実は4分果

ハナイバナ花序

ハナイバナ萼

ハナイバナ果実

果実は長さ約1.5mm、いぼ状突起がある。

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

ハナイバナ葉

ハナイバナ葉

ハナイバナ葉

ハナイバナ葉裏面

茎には上向きの伏毛がある。サソリ形花序にならず、苞の間にに花をつける。

ハナイバナ茎

ハナイバナ花序

ハナイバナ

2011年9月18日 玉湯サソリ形花序にならず、苞の腋に花をつける。

ハナイバナ花

ハナイバナ花

ハナイバナ花序

果実は下を向く。果実果実にいぼ状の突起がある。

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

下部の節から枝を四方に出して、枝を伸ばす。伸びた枝は更に分枝し、広がる。

ハナイバナ花序

ハナイバナ

ハナイバナ

2010年10月16日 八雲
果実

ハナイバナ花

ハナイバナ花

ハナイバナ果実

花序につく葉状の苞。苞の裏面。上向きの伏毛がある。

ハナイバナ葉

ハナイバナ葉裏面

ハナイバナ茎

ハナイバナ

2009年8月8日 花の中心は白い。 下佐陀果実は4個の分果

ハナイバナ花

ハナイバナ果実

ハナイバナ花序

ハナイバナ

2007年11月17日 白花 上乃木

ハナイバナ白花

ハナイバナ白花

2014年6月24日 果実 東長江果実は下向きにつく。

ハナイバナ果序

ハナイバナ果序

ハナイバナ果実

裏側から見ると4分果がある。分果は長さ1.1〜1.3mm。

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

分果の背面(左)と腹面(右)。分果の表面に突起がある。

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

突起は変わった形をしている。果実が落ちたあとの萼。

ハナイバナ果実

ハナイバナ萼

ハナイバナ

2004年11月28日 果実 乃白

ハナイバナ果実

ハナイバナ果実

2004年4月10日 田和山茎には上向きの伏毛がある。

ハナイバナ花序

ハナイバナ茎

ハナイバナ

2008年12月7日 上乃木

ハナイバナ花

ハナイバナ

2003年9月23日 乃白

ハナイバナ花

ハナイバナ

2004年12月12日 佐草

ハナイバナ花

ハナイバナ花序

2004年8月12日 城山公園

ハナイバナ花序

ハナイバナ花序

ハナイバナ果実

ハナイバナ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑