ハマアカザ(浜藜)

1年草
北海道〜本州の海岸の砂地に生える。茎は斜上するか直立して分枝し、毛はなく、高さ40〜60cmになる。葉はすべて互生し、柄があり、三角状卵形、長卵形または披針形、先は鋭形か鈍形、基部はくさび形で上向する裂片があり、その上部の縁にもふぞろいの歯牙があり、厚くて多少革質で、長さ2〜8cm、幅2〜4.5cm。雌花の小苞は卵形〜三角形、先は鋭尖形、基部はやや心形、全縁か歯牙縁、1中脈があり、長さ6〜11mm、幅5〜9mm。柱頭は2。種子は褐色、楕円形で、表面にしわがあり、長さ4mm、幅約3.2mm。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Atriplex subcordata
ヒユ科ハマアカザ属
よく似た仲間にホコガタアカザがあり、下部の葉がほとんど正三角形となる。



2019年8月24日 鹿島雄花と雌花が混在している。

ハマアカザ花

ハマアカザ花

ハマアカザ雄花

雄花には、雄しべ5個と花被片が5個ある。雄花の蕾。雄花の蕾、5個の花被片が閉じている。

ハマアカザ雄花

ハマアカザ雄花

ハマアカザ雄花

雄花に混じって雌花の2個の柱頭が見える。雌花、2個の小苞の間から柱頭が伸びる。雌花の小苞は長さ1.5〜2mm。

ハマアカザ雌花

ハマアカザ雌花

ハマアカザ雌花

小苞を開くと子房と雌しべがある。小苞を分離したもの。子房と2個の柱頭。

ハマアカザ雌花

ハマアカザ雌花

ハマアカザ雌花

ハマアカザ花序

ハマアカザ花序

ハマアカザ

上部の葉は披針形。葉の基部はくさび形、上向する裂片がある。上部(左上)〜下部の葉(右下)。

ハマアカザ葉

ハマアカザ葉

ハマアカザ葉

下部でよく枝を分岐し、斜上する。

ハマアカザ茎

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ




2011年10月15日 果実 鹿島苞は長さ約8〜11mm。上部の葉は細く、全縁。

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

2011年10月19日 果実 美保関

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

下部(左)〜上部(右)の葉。葉身は長さ約4cm、基部は広いくさび形。

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

2010年10月6日 果実 美保関
苞を取り除くと、中に胞果がある。

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

2010年10月11日 果実 島根

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

苞は三角形になり、刺がある。苞の中に胞果が1個ある。胞果

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

種子は直径約2.5mm。種子の表面に畝状の突起がある。

ハマアカザ

ハマアカザ

2018年7月14日 島根上部の葉は細く全縁、下部の葉は基部が張り出す。

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

下部の葉は葉身が長さ約9cm。裏面、基部は広いくさび形。

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

下部でよく分枝する。

ハマアカザ

ハマアカザ

2011年7月6日 美保関

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

2010年7月21日 島根

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ

ハマアカザ



ハマアカザかどうか不確かである。どうもアカザ属のようだ。
2007年9月2日 鹿島

アカザ

アカザ

アカザ

アカザ

アカザ

アカザ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑