ハクチョウゲ(白丁花)

常緑低木
中国原産。よく枝分かれして高さ50〜100cmになる。枝の節には托葉が変化した刺が3個ある。葉は長さ5〜20mmの長楕円形または倒披針形。短枝に白色の花を1〜2個つける。花冠は長さ1〜1.2cmの漏斗状で5深裂し、裂片は浅く3裂する。花期は5〜7月。(樹に咲く花)
 斑入りの園芸品種はフイリハクチョウゲと呼ばれる。Serissa japonica 'Variegata'
学名は、Serissa japonica
アカネ科ハクチョウゲ属



2019年9月14日 斑入り種 植栽 殿花は直径約1.4cm。

ハクチョウゲ花

ハクチョウゲ花

ハクチョウゲ花

柱頭は2裂する。花の裂片は3裂し、内面に毛がある。

ハクチョウゲ花

ハクチョウゲ花

ハクチョウゲ

葉は対生する。葉は長さ約4cm。

ハクチョウゲ葉

ハクチョウゲ葉

ハクチョウゲ葉裏面

節に刺がある。

ハクチョウゲ

ハクチョウゲ




2019年10月15日 托葉 植栽 殿托葉が変化した3本の刺がある。

ハクチョウゲ

ハクチョウゲ

ハクチョウゲ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑