ゴールデンクラッカー

常緑低木
南アフリカ原産の園芸植物。高さ1〜4m。よく分枝する。葉は長さ0.5~1cmとごく小さく、深い切れ込みがあって螺旋状に互生し、鱗のように密にぐるりと枝を覆う。枝先にやや長めの花柄を多数出し、鮮黄色の頭状花を咲かせる。花期は1〜5月。
学名は、Euryops virgineus ’Golden Cracker’
キク科ユリオプス属



2019年5月11日 植栽 東出雲

ゴールデンクラッカー花

ゴールデンクラッカー花

ゴールデンクラッカー花

花は直径約1cm、花柄は長さ約2cm。花後

ゴールデンクラッカー花序

ゴールデンクラッカー

ゴールデンクラッカー花後

舌状花、筒状花とも不稔のようだ。

ゴールデンクラッカー

ゴールデンクラッカー花後

ゴールデンクラッカー花後

葉は小さく茎に密につく。葉は長さ約6mm、深い切れ込みがある。

ゴールデンクラッカー葉

ゴールデンクラッカー葉

ゴールデンクラッカー葉

葉の裏面

ゴールデンクラッカー葉裏面

ゴールデンクラッカー

ゴールデンクラッカー

ゴールデンクラッカー

ゴールデンクラッカー樹皮

ゴールデンクラッカー





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑