小型ギボウシ(小型擬宝珠)

多年草
長楕円状被針形の葉が根生する。花茎を立ち上げて総状花序を作り、下から順に1日花をやや下向きに咲かせる。花は漏斗状筒形で、色は淡紫色で、濃色の脈がある。花の基部に苞がつく。花期は6〜7月。()
学名は、Hosta sp.
キジカクシ科ギボウシ属



園芸種の小型のギボウシの仲間でオトメギボウシにも似るが、花の中心が白くなく、花茎に稜がない。また花期が遅く葉も少し大きい。
2017年8月20日 植栽 玉湯花の中心が白くない。花冠は長さ約6cm。

小型ギボウシ花

小型ギボウシ花

小型ギボウシ花

葉柄を含めて長さ約12cm、幅2cm。

小型ギボウシ花

小型ギボウシ

小型ギボウシ

5〜7脈がある。

小型ギボウシ

小型ギボウシ

小型ギボウシ






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑