エノキ(榎)

落葉高木
本州〜沖縄の丘陵から山地の日当たりの良い適度に湿り気のあるところや沿海地に生える。高さ20m、直径1mほどになる。よく枝分かれして、樹冠は横に広がる。樹皮は灰黒色。小さな皮目が多いが、割れ目はない。本年枝は黄褐色の柔らかい毛が密生する。2年枝は濃紅紫褐色で無毛。灰白色の円い皮目が密生する。葉は互生。葉身は長さ4〜9cm、幅2.5〜6cmの広楕円形で、厚くて両面ともざらつく。先端は急に鋭くとがり、基部は広いくさび形で、左右不相称。主脈と基部から伸びる2本の支脈が目立つ。側脈は鋸歯の先端には達しない。成木の葉は上部3分の1ほどに小さな波状の鈍鋸歯があるものと、ほとんど全縁のものがある。幼木の葉は上部3分の2ほどに鋸歯がある。若葉は両面ともさび色の短い縮毛が密生し、特に裏面に多い。葉柄は長さ約5mm、上面に溝があり、軟毛が密生する。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花は本年枝の下部に集まってつき、両性花は上部の葉のわきにつく。雄花の花被片は長楕円状披針形の4個。雄しべ4個は花被片と対生する。中心部には白い綿毛が密生している。両性花の花被片は4個、雄しべ4個と雌しべ1個がある。花柱は2裂し、柱頭には白い毛が密生する。果実は核果。直径6mmほどの球形で、9月に赤褐色に成熟する。果柄は長さ8〜15mm。果肉は赤く、甘みがあり、干し柿に似た味がするが、水分が少ない。核の表面には網状紋がある。花期は4〜5月。
 冬芽は長さ1〜5mm。円錐形で先はとがる。芽鱗は2〜5個。葉痕は三角形。側芽はごく小さい。(樹に咲く花)
学名は、Celtis sinensis var. japonica
アサ科エノキ属



2009年9月12日 果実 玉湯

エノキ

エノキ

2010年11月17日 果実 秋鹿

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ



2007年11月25日 果実 鹿島手結

エノキ

エノキ

2006年5月14日 果実 城山公園

エノキ

エノキ

2006年6月3日 果実 東忌部2006年8月19日 果実 枕木

エノキ

エノキ

2012年4月28日 芽吹き 玉湯

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

2006年5月28日 佐草

エノキ

エノキ

エノキ

側脈は先で曲がり、上方の脈と合流し、ふちに達しない。

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

2010年8月4日 島根葉の基部の左右が不相称。

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ

エノキ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑