ドジョウツナギ(泥鰌繋)

多年草
北海道〜沖縄の低地の湿地や水田のあぜなどに生育し、散生またはやや群生する。茎の基部は短く屈曲し、上部は斜上し、平滑・無毛、葉は平滑・無毛、葉舌は膜質・切形、長さ1〜1.5mm。葉鞘は完全な筒形、上縁に耳状の突起があり、平滑・無毛。花序は長さ20〜30cm、各節より2〜3本の細い枝を出し小穂を着ける。小穂は狭長、長さ9〜12mm、5〜9小花からなる。第1苞穎は長さ1.5mm、第2苞穎は2mm。小花は長さ2.5mm。果実は楕円形、腹面はくぼみ、光沢があり茶褐色、長さ1〜1.4mm。花期は5〜6月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Glyceria ischyroneura
イネ科ドジョウツナギ属



2020年6月2日 大海崎

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

花序は長さ約22cm。花序の節から数本の枝をだす。

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

5小花の小穂は長さ約7mm。第1苞穎は長さ約1mm、第2苞穎は1.8mm。

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

小穂の軸はS字状にジグザクに曲がる。小花は長さ約2.5mm、護穎に7脈がある。葉鞘上縁に耳状突起がある。

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

葉舌は切形で短い。

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ

ドジョウツナギ





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑