ダイコンソウ(大根草)

多年草
北海道〜九州の山野に生える。高さ50〜80cm。全体にやわらかな毛が密生する。根生葉は羽状複葉で、長さ10〜20cm。頂小葉がとくに大きく、側小葉は大小ふぞろい。ふちには鈍い鋸歯がある。茎葉は3裂する。花は黄色で直径1.5〜2cm。雄しべと雌しべは多数ある。花柱に関節があり、ここでねじれている。花のあと花柱はのび、関節から上は脱落し、先がカギ形に曲がったそう果になる。そう果の集まった集合果は直径約1.5cmの球形。花期は6〜8月。(野に咲く花)
学名は、Geum japonicum
バラ科ダイコンソウ属



2014年7月20日 大東

ダイコンソウ花

ダイコンソウ花

ダイコンソウ花

花は直径約1.8mm。花柱がS字形に曲がっている。

ダイコンソウ花

ダイコンソウ花

ダイコンソウ花後

上部の葉は単葉。下部の葉は3深裂する。下部の葉(下)は葉柄を含めて長さ約11cm。

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

葉の裏面。根生葉。

ダイコンソウ葉裏面

ダイコンソウ根生葉

ダイコンソウ




2018年9月27日 西長江多数の雌しべの花柱は曲がっている。

ダイコンソウ花

ダイコンソウ

ダイコンソウ

子房には長毛がある。花柱はS字状に曲がっている。

ダイコンソウ花

ダイコンソウ

ダイコンソウ

成熟した果実。柱頭の先端は落ち、U字形になる。

ダイコンソウ

ダイコンソウ

ダイコンソウ

ダイコンソウ

ダイコンソウ

ダイコンソウ

ダイコンソウ

2007年8月12日 八雲果実 花柱の先がS字状に曲がる。

ダイコンソウ花

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

上部の葉は単葉となり浅3裂する。縁には低い歯牙がある。

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

下部の葉は羽状に裂ける。托葉茎や葉柄には毛がある。

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ托葉

ダイコンソウ茎

ダイコンソウ

2004年7月4日 鹿島
上部の茎葉

ダイコンソウ花

ダイコンソウ花

ダイコンソウ葉

下部の茎葉根生葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ

2010年12月4日 東忌部中心に柱頭が多数ある。

ダイコンソウ花

ダイコンソウ柱頭

ダイコンソウ花

受粉後花柱が伸び外側に傾く。先端の柱頭は子房の成熟後、脱落。花柱の残る果実

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ

ダイコンソウ果実

子房(果実)が成熟後は花柱の先端の柱頭は脱落し、U字状のカギ形になる。

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ茎

ダイコンソウ茎

ダイコンソウ

ダイコンソウ

2004年7月19日 果実 東出雲須田

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ花

2013年2月14日 果実 島根残っている果実。果実が落ちた後は果托の毛が目立つ。

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

長さ約3mmの毛の間に果実がある。

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

果実の先にかぎ状に曲がった花柱が残る。果実には毛が多い。果実は長さ約3mm。

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

ダイコンソウ果実

果皮を取り除いてみた。

ダイコンソウ種子

ダイコンソウ

ダイコンソウ

2011年5月7日 東長江

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ

ダイコンソウ

2011年4月6日 ロゼット葉 玉湯頂小葉が特に大きくなる。

ダイコンソウ ロゼット葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ葉

ダイコンソウ ロゼット葉

2007年2月4日 ロゼット葉 殿

ダイコンソウ ロゼット葉

ダイコンソウ葉

2005年7月17日 八雲

ダイコンソウ花

ダイコンソウ花

2003年8月3日 殿

ダイコンソウ

ダイコンソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑