ボタンクサギ(牡丹臭木)

低木
中国南部原産。観賞用に栽培され、暖地では野生化している。亜熱帯では常緑、暖帯では落葉する。高さは約1m程度。葉は対生。葉身は長さ8〜15cmの広卵形。裏面に腺毛が密生する。枝先に淡紅紫色の小さな花が半球状に集まってつく。花序は直径約10cm。花期は7〜8月。(樹に咲く花)
学名は、Clerodendrum bungei
シソ科クサギ属



2013年9月16日 八雲花は長さ約2.5cm。

ボタンクサギ花

ボタンクサギ花

ボタンクサギ花

花は直径約1.6cm。

ボタンクサギ花

ボタンクサギ葉

ボタンクサギ樹皮

ボタンクサギ




2008年7月26日 坂本

ボタンクサギ花

ボタンクサギ花

ボタンクサギ蕾

ボタンクサギ葉

ボタンクサギ葉

ボタンクサギ葉裏面

ボタンクサギ葉裏面

ボタンクサギ樹皮

ボタンクサギ

2017年7月31日 八雲

ボタンクサギ芽

ボタンクサギ

ボタンクサギ

地下茎から芽を出して広がっている。

ボタンクサギ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑