ボントクタデ(凡篤蓼)

1年草
本州〜沖縄の水辺に生える1年草。茎は直立し高さ70〜100cm、分枝多く、上向きの毛がある。 葉は長楕円状披針形、鋭尖頭、基部はくさび形、長さ6〜9cm、両面に短毛があり、洋紙質、乾けば茎とともに赤褐色を帯びる。葉柄は短く、葉鞘は筒状で、その1/2の長さの縁毛がある。花は長い穂状にまばらにつき、穂の先は下垂する。花被は緑色で上部紅色、5裂し、腺点があり、長さ3mm。果実は3稜形、黒色または褐色、長さ2.5mm、光沢はない。花期は9〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Persicaria pubescens
タデ科イヌタデ属
よく似たヤナギタデは、葉に黒斑がなく、葉や葉鞘が無毛。葉に辛味がある。
似た花の仲間



2017年10月4日 下佐陀花被は5裂する。花はまばらにつき、花穂の先は垂れる。

ボントクタデ花

ボントクタデ花

ボントクタデ花穂

花被は長さ約4mm。花被に腺点がある。花被の中に果実がある。

ボントクタデ花被

ボントクタデ花被

ボントクタデ果実

果実は3稜があり、長さ約3mm。小さな網目模様があり、光沢はない。

ボントクタデ果実

ボントクタデ果実

ボントクタデ果実

葉は中央で広く、黒斑がある。葉の先は尖り、葉身は長さ約8cm。葉脈や表面に毛がある。

ボントクタデ葉

ボントクタデ葉

ボントクタデ葉

葉脈の毛。葉の裏面。裏面にも毛がある。

ボントクタデ葉

ボントクタデ葉裏面

ボントクタデ葉裏面

裏面葉脈の毛。葉鞘は筒型で伏毛がある。葉鞘の縁毛は葉鞘の1/2〜2/3長。

ボントクタデ葉裏面

ボントクタデ葉鞘

ボントクタデ葉鞘

茎に上向きの毛がある。

ボントクタデ茎

ボントクタデ

ボントクタデ

ボントクタデ





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑