アサツキ(浅葱)

多年草
北海道,本州,四国の山野の草地や海岸近くに生える。鱗茎は狭卵形で淡紫褐色の外皮に包まれている。花茎は高さ40〜60cmになり、2〜3個の葉がつく。葉は茎より短く、細い円筒形で中空。花茎の先に淡紅紫色の花を散形状に多数つける。花序ははじめ紫色のを帯びた膜質の総苞に包まれている。花被片は長さ0.9〜1.2cmの披針形または広披針形で先は鋭く尖る。雄しべは花被片より短い。果実は さく果で、卵形、宿存する花被片に包まれる。種子は長さ約3mm、黒色、複数の稜がある。花期は5〜6月
学名は、Allium schoenoprasum var. foliosum
ヒガンバナ科ネギ属



画像はまだありません。
雄しべが花被片と同長のためシロウマアサツキに訂正しました。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑