アリノトウグサ(蟻塔草)

多年草
日本全土の山野の日当たりのよい草地に生える。茎の下部は地面をはって枝を分け、節からひげ根と直立する茎を出す。茎は高さ10〜40cm。葉は対生し、上部の葉はときに互生し、無柄か短い柄があり、卵形〜卵円形、先は鋭形、基部は円形、縁に低い鈍鋸歯があり、長さ6〜12mm、幅4〜10mmで、毛はない。花序頂生する複総状花序で、枝は開出する。花は雄性先熟で小さく、下向きにつく。萼筒は倒卵状球形で約1mm、4裂片は三角形で0.3〜0.6mm。花弁は4個、長楕円形で、黄褐色〜紅色、萼裂片より長く1〜1.5mm。石果はほぼ球形で、表面は平滑、8肋条がある。花期は7〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Gonocarpus micranthus
アリノトウグサ科アリノトウグサ属



2013年8月6日 八雲蕾。花弁、萼の下部に球形の萼筒がある。開きかけた雄性期の花。花弁は長さ約1.5mm。

アリノトウグサ花

アリノトウグサ蕾

アリノトウグサ花

花弁の拡大、花弁は紫褐色、4個。花弁を開いてみた。葯から花粉が出ている。

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花

雌性期 花弁も葯も落ち、毛状の柱頭が出ている。

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花序

葉は長さ約9mm、短い葉柄がある。

アリノトウグサ葉

アリノトウグサ葉

アリノトウグサ葉裏面

アリノトウグサ

アリノトウグサ




2012年8月22日 雌性期の花 宍道

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花序

アリノトウグサ花序

アリノトウグサ

アリノトウグサ葉

アリノトウグサ

アリノトウグサ

2004年8月1日 雌性期の花 玉湯

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花序

2005年8月28日 雄性期の花 花弁が反り返る。 東忌部

アリノトウグサ花

アリノトウグサ花序

2005年6月25日 蕾 八雲

アリノトウグサ蕾

アリノトウグサ

2004年6月19日 玉湯

アリノトウグサ

アリノトウグサ

2009年12月27日 玉湯
葉の裏面

アリノトウグサ

アリノトウグサ

アリノトウグサ

アリノトウグサ

アリノトウグサ

2009年9月5日 葉が縮れたようになっているのは何だろう? 玉湯

アリノトウグサ

アリノトウグサ

アリノトウグサ

アリノトウグサ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑