アキノタムラソウ(秋の田村草)

多年草
本州〜琉球の山野の疎林や道ばたにふつうに見られる。高さ20〜80cmになる。葉は3出複葉、または1〜2回羽状複葉、まれに単葉をつけることもある。羽片は長さ2〜5cm、上面はけがないか、またはまばらに毛があり、縁には鋸歯がある。茎の上部は多少分岐して長さ10〜25cmの長い花穂となり、まばらに花をつける。萼は唇形、ときに腺毛があり長さ5〜6mm、内面には環状に白毛がある。花冠は紫色〜青紫色で長さ10〜13mm、やや斜上し、内面の基部近くに毛環がある。雄しべははじめ上唇に沿って斜めにやや突き出て、やがて下方に曲がる。葯は花冠からわずかに超出する。分果は長さ1.5〜2mm。花期は7〜11月。(日本の野生植物)
学名は、Salvia japonica
シソ科アキギリ属
毛が多いものをケブカアキノタムラソウ(Salvia japonica f. lanuginosa)とするようだが毛の量など詳細が不明。
 よく似たナツノタムラソウやシマジタムラソウは、雄しべが花の外にまっすぐに突き出る。葯は花冠からいちじるしく超出する。ナツノは花冠が長さ8〜10mm、シマジは6〜8mm。(日本の野生植物)



2013年8月13日 東生馬雄しべは花冠の外に突き出さない。花冠には毛や腺毛がある。

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

花は長さ約1cm。花の上下幅は約6mm。萼の腺毛。

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ萼

花冠の腺毛と毛。萼の中に4分果がある。

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ果実

萼は長さ約6mm。萼の奥に分果がある。分果は長さ約1.7mm。

アキノタムラソウ萼

アキノタムラソウ果実

アキノタムラソウ果実

花軸の腺毛。下部の葉は複葉。

アキノタムラソウ果実

アキノタムラソウ花軸

アキノタムラソウ葉

小葉は長さ約5cm。葉の裏面上部の葉は単葉。

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉裏面

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ花序

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ




2020年7月18日 新庄

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

花は長さ約1.4cm、下唇に毛が多い。2裂した柱頭と、2個の雄しべがある。

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

下部の葉は3小葉がある。

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉

裏面には腺点が密生する。

アキノタムラソウ葉裏面

アキノタムラソウ葉裏面

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

2012年10月6日 東生馬萼は2裂し、下唇はさらに浅く2裂する。花には毛が多く、腺毛もある。

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

萼には腺毛が多い。花は長さ約1.3mm。花序軸には腺毛がある。

アキノタムラソウ萼

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ茎

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉裏面

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

2016年10月19日 東生馬果実はほとんど落ちてしまっていた。

アキノタムラソウ萼

アキノタムラソウ萼

アキノタムラソウ萼

分果は長さ約1.5mm。

アキノタムラソウ果実

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ


2012年8月16日 新庄花冠や萼、花序軸に毛や腺毛がある。

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ萼

葉柄にまばらな開出毛がある。

アキノタムラソウ花序

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ茎

アキノタムラソウ

2010年7月18日 新庄萼は2裂し、下唇はさらに浅く2裂する。

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花序

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ葉裏面

葉柄にまばらな開出毛がある。

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ茎

アキノタムラソウ


2006年11月5日 雲南市

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花

アキノタムラソウ花


下部の葉は複葉となる。上部の葉は葉柄も短く単葉となる。

アキノタムラソウ花序

アキノタムラソウ葉

アキノタムラソウ茎

アキノタムラソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑