アケボノシュスラン(曙繻子蘭)

常緑多年草
本州〜九州の山地の林内に生える。茎の基部は地をはい、上部は斜上し、高さ5〜10cm。葉は数個互生し、長さ2〜4cm、ふちは波打つ。茎頂に数個の淡紅色の花をややかたよってつける。萼片は狭卵形で長さ約8mm、側花弁、唇弁もほぼ同長。側花弁の先端は萼片に少し合着する。唇弁の基部は膨らむ。花期は8〜9月。(山に咲く花)
学名は、Goodyera foliosa var. laevis
ラン科シュスラン属



2004年10月3日 八雲

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン




2017年10月4日 下佐陀

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン

アケボノシュスラン

2005年9月17日 八雲

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

2008年9月27日 八雲

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

2007年9月22日 八雲

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン花

アケボノシュスラン葉

2014年9月2日 蕾 八雲

アケボノシュスラン蕾

アケボノシュスラン蕾

アケボノシュスラン

アケボノシュスラン

2006年11月3日 果実 八雲

アケボノシュスラン果実

アケボノシュスラン果実

アケボノシュスラン果実

アケボノシュスラン

2013年11月30日 果実 八雲果実は長さ約1.1cm。

アケボノシュスラン果実

アケボノシュスラン果実

アケボノシュスラン果実

果実の縦断面。無数の種子が詰まっている。種子は線形で長さ1〜1.5mm。

アケボノシュスラン果実

アケボノシュスラン種子

アケボノシュスラン種子

種子の中心部分。

アケボノシュスラン種子

アケボノシュスラン種子

アケボノシュスラン

アケボノシュスラン

アケボノシュスラン

2013年3月24日 果実殻 八雲側面が裂けて種子を出す。

アケボノシュスラン果実殻

アケボノシュスラン果実殻

アケボノシュスラン果実殻

アケボノシュスラン

2005年4月24日 果実の後 八雲

アケボノシュスラン

アケボノシュスラン

アケボノシュスラン葉

アケボノシュスラン

2013年2月14日 島根

アケボノシュスラン葉

アケボノシュスラン葉

アケボノシュスラン葉

アケボノシュスラン


<
島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑