アイノコフユイチゴ(合の子冬苺)

つる性常緑小低木
関東地方南部・新潟県以西〜九州の山野や沿海の山地の林縁や林下などにふつうに生える。ミヤマフユイチゴフユイチゴの雑種で、葉先が尖るが萼に毛が多いなど、両者の特徴を合わせ持つ。果実は集合果。直径約1cmの球形で、11月〜1月頃赤く熟す。花期は9〜10月。
学名は、Rubus x pseudohakonensis
バラ科キイチゴ属



2007年12月23日 果実 東持田萼に毛が多い。葉先が尖っている。

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉裏面

アイノコフユイチゴ枝

アイノコフユイチゴ




2014年1月23日 果実 西長江萼には毛が密生する。

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ萼

果実の落ちた果托。集合果は直径約1cm。

アイノコフユイチゴ果托

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ果実

萼は直径約1.7cm。小核果は長さ約5mm、核が1個入る。核は長さ約2mm。

アイノコフユイチゴ萼

アイノコフユイチゴ小核果

アイノコフユイチゴ核

核は長さ約1.8mm。葉先が尖っている。葉は長さ約8.5cm。

アイノコフユイチゴ核

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉

葉柄に刺があり、短毛が密生する。葉柄の刺。

アイノコフユイチゴ葉柄

アイノコフユイチゴ葉柄

アイノコフユイチゴ葉

葉の表面に短毛が散生する。表面の葉脈に短毛が密生する。

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉裏面

葉の裏面脈上に毛が多い。脈上の長短毛。冬芽。葉柄や茎に毛が密生する。

アイノコフユイチゴ葉裏面

アイノコフユイチゴ葉裏面

アイノコフユイチゴ茎葉柄

茎には下向きの刺がある。

アイノコフユイチゴ枝

アイノコフユイチゴ

アイノコフユイチゴ

2013年1月12日 果実 玉湯集合果は直径約9mm。果実は長さ約4mm。

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ果実

果実が落ちたあとの萼。萼の外面は毛が密生する。

アイノコフユイチゴ果実

アイノコフユイチゴ萼

アイノコフユイチゴ萼

葉先が尖っている。葉身は約10cm×10cm。鋸歯は葉縁に毛がある。

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉

表面は無毛、葉脈上に毛がある。裏面の脈上に短毛が密生する。

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉

アイノコフユイチゴ葉裏面

脈上の短毛の拡大。茎や葉柄に短毛が密生する。

アイノコフユイチゴ葉裏面

アイノコフユイチゴ葉裏面

アイノコフユイチゴ茎

冬芽。

アイノコフユイチゴ冬芽

アイノコフユイチゴ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。