ニガナに似た仲間 




私の写した画像から、ニガナに似たの仲間の区別に参考となると思われるものを載せてみます。

ニガナ
(ニガナ属)
根生葉は長い柄、広披針形〜倒卵状長楕円形。茎葉は柄がなく、茎を抱く。舌状花5個、直径約1.5cm。高さ20〜50cm。

ニガナ

ニガナ

ハナニガナ
(ニガナ属)
ニガナの変種。舌状花が8〜10個。高さ40〜70cm。

ハナニガナ

ハナニガナ

ハマニガナ
(ニガナ属)
海岸の砂地に生える。葉は厚く長い柄。掌状に3〜5裂、裂けないものなど変化が多い。

ハマニガナ

ハマニガナ

ハマニガナ

ノニガナ
(ニガナ属)
舌状花15個位、直径約0.8cm。根生葉は長さ10〜25cm、先端は鋭くとがり粗い鋸歯。基部は細く柄のよう。茎葉は7〜15cm、基部は両側が鋭くとがった矢じり形で茎を抱く。
未だ画像がありません。
ジシバリ
(ニガナ属)
葉は薄く長い柄。卵形〜広卵形。長さ1〜3cm。

ジシバリ

ジシバリ

オオジシバリ
(ニガナ属)
葉は薄く倒披針形〜へら状楕円形。ときに下部に羽状切れこみ。長さ6〜20cm。

オオジシバリ

オオジシバリ

オニタビラコ
(オニタビラコ属)
根生葉はロゼット状、長さ8〜25cm。。羽状に深裂。頂裂片は三角状卵形。高さ0.2〜1m。冠毛がある。

オニタビラ

オニタビラ

コオニタビラコ
(ヤブタビラコ属)
根生葉はロゼット状、長さ4〜10cm。羽状に深裂。頂裂片は三角状卵形。高さ4〜25cm。舌状花は6〜10個。冠毛がない。

コオニタビラコ

コオニタビラコ

コオニタビラコ

ヤブタビラコ
(ヤブタビラコ属)
軟毛が多い。根生葉はやや立ち上がる。羽状に深裂。長さ5〜15cm。茎は斜上。高さ20〜40cm。冠毛がない。花後は丸くなり下を向く。

ヤブタビラコ

ヤブタビラコ

ヤブタビラコ

ヤブタビラコ

ナタネタビラコ
(ヤブタビラコ属)
下部の茎には短毛。下部の葉は頂裂片が大きく卵形、深裂。最下部の葉は羽状に深裂。そう果に冠毛はない。花は径約1cm。

ナタネタビラコ

ナタネタビラコ

ナタネタビラコ

ナタネタビラコ



ブタナ
(エゾコウゾリナ属)
葉は全て根生し、羽状に分裂するものやしないものがある。花茎は高さ50cm以上で1〜3個枝分かれする。

ブタナ

ブタナ

ブタナ




検索エンジンからご訪問の方は松江の花図鑑へどうぞ。