秋鹿〜三角点(女蛇山,荘成,成相寺)

松江の花図鑑>日記



2017年6月15日(木) 秋鹿〜三角点(女蛇山,荘成,成相寺)
 今日は、先日山の様子を見た秋鹿の三等三角点(女蛇山)や古江地区の三角点を見に行くことにしました。
 山手の民家の未舗装の道路に、小さな木が列を作っていました。葉は3脈があり、葉柄の基部に小さな刺がありました。芽を出す度に刈られているようで、根元付近は太くなっていました。長く根を伸ばし、いたるところに目を出すようです。近くに大きな木がないかと、見渡しましたが見つかりませんでした。調べてみると、これはナツメのようです。
 玉湯町の道路脇にツルフジバカマがありますが、今年はきれいに草刈りがされましたが、またしっかりと蔓を伸ばしていたので、安心しました。

 秋鹿町の山中地区から谷あいへ少し入ると、山へ向かって階段が登っています。ここから入ると、林内には何ヶ所か墓地があり、さらに進むと竹林内に踏み跡が分岐していますが、どちらも同じ場所へ出会います。竹林内には相当古い廃屋がありました。この廃屋の裏から、竹林の斜面を上がり、尾根筋に向かいます。尾根に上がるとはっきりした小径が続いていて、最初の小ピークから尾根は左、北東方向へ続いています。次の小ピークの先からは一度鞍部へ下り、再度登り返した小ピークからは急な登りが続き、一部藪となって道が不明となりますが、藪を抜けると樹林の中に踏み跡が続きます。目の前に立つ最後の急斜面を上がると女蛇山の頂上となり、三等三角点(女蛇山 216.67m)がありました。入口から三角点まで1時間40分と、久しぶりに歩きがいのある山でした。頂上も登山中も樹林の中で全く眺望はありませんが、最初の尾根への取り付きが急斜面となる以外は、歩きやすい尾根道が続くいい山だと思いました。
 最初に竹林から尾根に上がった場所から、下りの尾根が続いているので確かめてみました。しばらくははっきりとした小径が続いていますが、5分ほど下がると笹薮となってしまいました。

 東長江町舞木地区の林道塩谷舞木線の市道との角の山に三角点(荘成)があります。林道へ少し入った所から、山へ入れそうな場所を探しますが見あたらないので、適当に植林地の急斜面を上がることにしました。植林地の斜面を直登すると、植林地と自然林の境に踏み跡が続いていました。少し荒れ気味の小径ですが、10分ほど上がると四等三角点(荘成 125.16m)がありました。
 奥から左へと尾根に小径が下がっているので、別のルートがあるかもしれません。また、斜面を上がった所から植林地境に踏み跡が下がっているので確かめてみると、先ほど山へ入った林道の地点から少し上がった峠付近へ下りてきました。こちらがルートになるのかもしれません。

 荘成町から鹿島町佐陀宮内へ抜ける林道荘成線の脇から民家への道を入り、民家の脇から山へ向かいました。山は荒れた竹林になっており、谷に沿って少しあがり、急斜面を尾根筋に向かって上がりました。竹林を上がると平坦な植林地がありますが、その先の山は藪となって道らしきものは全くありませんでした。なんとか藪のまばらなところを狙って、枝を切り払いながら上がることにしました。10分ほど藪と格闘すると、木々の間に空を背景として尾根筋が見えてきました。尾根に上がると、はっきりとした小径が続いているので、どこかにルートがあるのでしょう。尾根に上がって5分ほど進むと、平坦な広い場所に出てきて、ここが頂上かなと思うと、少し先の一段高い場所に三角点の白い標柱が見えました。四等三角点(成相寺 171.62m)でした。   

ナガバハエドクソウ

ナツメ

ツルフジバカマ

秋鹿
ナガバハエドクソウ
荘成
ナツメ(葉)
玉湯
ツルフジバカマ(葉)

11:34
道路脇から山へ階段を上がる
11:37
墓地の脇を通り山を上がる
11:39
竹林へ入る

11:42
廃屋があった
11:45
廃屋の裏から竹林へ入る
11:50
竹林内は荒れている

11:52
上部の尾根筋に向かう
11:55
尾根は小径が続いている
11:59
植林地の脇を踏み跡が続く

12:03
小ピーク
12:07
小ピークから左へ尾根道が続いている
12:13
次の小ピークへ上がる

12:17
鞍部へ尾根道が下る
12:24
12:37
小ピークへ上がり、右へ行く

12:38
12:43
尾根道が急な登りとなる
12:52
藪となって道が不明となる

13:04
藪を抜けると、樹林内に小径がある
13:08
急な斜面となる
13:11
最後の急斜面を上がる

13:13
三角点があった
三等三角点(女蛇山 216.67m)

15:02
道路脇から山の斜面に向う
15:03
急斜面の植林地内を上がる
15:07
斜面の傾斜が緩やかになる

15:09
植林地の脇を小径が続く
15:12
荒れ気味の小径がある
15:15

15:17
15:19
三角点があった
四等三角点(荘成 125.16m)

15:31
道路脇から上がった所から尾根が下っている
15:34
道路脇に下がってきた
15:37
道路の峠付近に下りてきた

16:06
林道荘成線の道路脇から入る
16:08
民家脇から山へ入る
16:11
荒れた竹林の谷を上がる

16:16
谷の斜面から尾根筋へ上がる
16:22
道は不明で、藪の斜面に直登する
12:21

16:26
空が見え、尾根が近い
16:30
やっと藪を抜け、尾根に上がる
16:33
尾根は小径が続いている

16:35
16:36
開けた平坦部に出てきた
16:39
一段高いところに白い標柱が見える

16:40
三角点があった
四等三角点(成相寺 171.62m)



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑