朝日山麓駐車場〜東ノ峰〜林道塩谷舞木線

松江の花図鑑>日記



2017年3月4日(土) 朝日山麓駐車場〜東ノ峰〜林道塩谷舞木線
 今日は1月7日に朝日山の東ノ峰から舞木・頭谷池の上流へ急斜面を下ったが、尾根を回って林道塩谷舞木線へ下りるルートがあるはずなので、そのルートを探してみることにしました。
 東長江町の朝日山の麓に駐車場があるので、ここへ自転車を置き、参道を歩いて上がることにしました。道路脇の不動明王を写したりしながら、中腹の駐車場を経由し、30分ほどで朝日寺に到着しました。
 朝日寺から東ノ峰へ向かい、三角点を確認し更に東へ進むと、以前にアンテナ鉄塔があった広場へ出てきます。先日もここで尾根道を探してウロウロしたのですが、やはり尾根筋への道ははっきりしないので、適当なところから林の中へ入り、先日テープを結んだ尾根筋へ出ました。
 先日のテープを補強しながら、また枝を整理しながら小ピークを過ぎ、植林地との境をシダを分けながら上がって行くと、尾根道が左右に分かれたピークがあります。ここから左へ少し進むと、右へ開けた踏み跡がありますが、これは頭谷池の上流の谷の急斜面へ続くルートです。ここから足下が背の低いシダなどで覆われ踏み跡がはっきりしませんが、植林地との境を下れそうでした。
 ここからも踏み跡はしっかりとしており、30分くらい進んで4個目くらいの小ピークにはテープがたくさん結んでありました。テープは右の尾根を指していましたが、正面に開けた斜面が続いているので、少し下がってみました。しかし踏み跡らしきものはなく、急斜面と藪になってくるようなので引返し、テープのある右の尾根を進みました。
 8分ほど尾根を進むと背丈ほどの石柱があり、「秋葉大権現 嘉永二年己酉(1849年)六月 講中」と記されていました。秋葉山信仰の山と思われます。ここからは広い参道となる道が下っていて、5分ほど下ったところに灯籠と手水鉢がありました。植林地を過ぎ4分ほどで林道塩谷舞木線へ出てきました。  

ハコネウツギ

ヤナギバシャリントウ

2017年3月4日
乃木福富
ハコネウツギ(冬芽)
2017年3月4日
天神
ヤナギバシャリントウ(冬芽)

東長江町から見た朝日山 10:58
麓の駐車場から出発
11:01
道路脇の不動明王

11:04
植林地内の参道
11:10
中腹の駐車場からの参道
11:12
参道

11:23
本堂下の石段
11:26
朝日寺本堂
11:45
朝日寺から出発

11:49
朝日山東ノ峰、三角点
11:50
アンテナ鉄塔跡へ
11:51
アンテナ鉄塔跡

11:51
適当な場所から林内の尾根筋へ入る
12:09
12:21

12:26
この先が小ピークになっている。
12:26
小ピーク
11:01
斜面を下っていく

12:44
植林地との境を上がる
12:55
12:56
ピーク、分岐する尾根道、左へ

13:05
分岐、右は頭谷池上流の谷の急斜面へ続く
分岐を直進し、植林地沿いに下がる 13:10

13:16
13:18
小ピーク、尾根を南へ
13:26

13:32
13:35
小ピーク、左右へ尾根が分岐
分岐を右へ

13:44
小ピーク
13:46
13:49

13:52〜14:08
小ピーク
14:08
小ピークを右へ
14:10

14:14
14:16
少し開けた場所に石柱がある
14:17
秋葉大権現と記してある

14:18
広い参道が下っている
14:21
灯籠と手水鉢がある
14:24
植林地内へ下りた

14:25
林道塩谷舞木線へ出た場所



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑